ヒアリング前の自己開示

皆さん、こんにちは。

株式会社チェースアンドインクリーズの宮脇です。

 

運動会シーズンですね。

小学校3年生の息子は今週土曜日が運動会です。

仕事の関係で午前中しか見れないですが、とても楽しみです。

 

さて前回、「聞き上手と聞き下手」というお話しをさせていただきました。

今回は「ヒアリング前の自己開示」というテーマでお話しさせていただきます。

 

私はビジネスにおいて最も大切なことは「ヒアリング」だと考えています。

社内・社外問わず、相手が欲していること、期待していることを理解すれば

自ずと良い仕事ができるようになります。

 

ただ、ヒアリングをする前に人間関係を構築しておかなければ

いくら質問をしても、相手はちゃんと話をしてくれません。

相手に心を開いてもらうことがヒアリングの第一歩ですが

どうすれば良いでしょうか?

色々と方法はありますが、その一つに「自己開示」があります。

 

ある解説によると自己開示とは

自分の情報(感情、経験、人生観など)を他者に言葉で伝えることを指すようです。

 

振り返ってみると、私は知らず知らずのうちに自己開示をしていました。

お客様と話をする時、私は相手の話をよく聞きますが

一方で、相手から聞かれてもいないのに自分のことをよくしゃべります。

ついつい話したくなるというのが本音なのですが(笑)。

 

例えば

「この前、海に行ってですね~。クラゲに全身刺されてしまって

見て下さいよ~、この傷!(刺された腕を見せる)」

こんな感じです。

 

このような話をすると、相手は笑ってくれ

そして自身のことを少しずつ話してくれるようになるのです。

私は意図的に自己開示をしていたわけではありませんが

お客様とすぐに良い雰囲気で話し合いができることが多く

振り返ってみると、自己開示をしていたからだと思いました。

 

私は数多くのビジネスパーソンと接してきましたが

なかなかお客様と人間関係を構築できない人は

自分のことをほとんど話していない傾向にあるようです。

 

関係構築に悩んでいる方は

ぜひ自分の話を積極的にしてみてください。

相手の顔付きに変化があるかもしれませんよ。

 

written by 宮脇伸二