因幡美子さん/漢方薬×整体で 女性の健康をサポートする

桜坂の閑静な住宅街に、漢方サロン『りんどう』がある。このサロンでは漢方薬に加え、整体や生活習慣改善などの自然療法を組み合わせ、不調の根本改善や不妊で悩む女性たちの妊活サポートを行っている。「この事業は間違いなく世の中に求められています」。そう話すのはオーナーの因幡美子さん。サロンは開業2年目ながら全国から女性たちが足を運ぶまでに成長。現在は天神イムズ店とあわせて2店舗を経営し、スタッフは30名を超える。

「やりたいことが見つかったら、それから学んでも遅くはありません」。もと証券レディだった経歴を持つ因幡さん。花嫁修業の一貫として指圧教室に通ったことが人生の転機となった。人を癒すことに今まで感じたことのないやりがいを見いだした彼女は一念発起して、24歳で整骨院に転職。勤務の傍ら柔道整復師・鍼灸師の専門学校に通い、国家資格を取得した。

その後、来院する患者を見る中で、冷えやストレスなど不調の根本原因が改善されない女性たちがいることに気づく。そこで、鍼灸や漢方、心理学・脳科学まで幅広く学びを深めていった。勤続15年を迎えるころ、勤務先の代表の勧めもあり、女性たちの健康相談の場を創るために起業を決意。様々な経験から得た学びに感謝するとともに、“あらゆる女性に凛として自分の信じる道を進んでほしい” そんな願いを込めて、サロンを『りんどう(凛道)』と名付けた。

起業の目的は「女性を健康にすること」だけではない。会社を女性活躍支援の場とも考える因幡さんは、女性スタッフたちが独立という選択肢も考えられるよう学びの機会を提供する。「従業員も患者さんも、社内外で女性は輝き、子どもの笑顔が増える。本当にわくわくする仕事です」。彼女の元から新たな起業家が巣立つ日も遠くないようだ。

『株式会社 りんどう漢方薬品』代表取締役
因幡 美子さん

福岡市生まれ。証券会社の営業職として4年間勤務した後、1日の来患が合計2000人に及ぶ『堺整骨院グループ』に転職。15年間勤務し、初代統括スーパーバイザーを務める。韓国の漢方病院、中国の中医師の元で漢方について学び、39歳で漢方薬品会社を起業。現在、『漢方サロンりんどう』桜坂店、天神イムズ店の2店舗を経営する。「こころとからだの健康教室」「漢方薬のススメ」「自然に授かれば一番良い」など自治体・学校などでも講演多数。鍼灸師・柔道整復師。2児の母。

sub01

▲1.サロンでは、薬剤師、鍼灸師、子育て中のママ、外国国籍の女性など、様々な技能と経歴を持つ女性スタッフたちが活躍している。

sub02

▲ 2.慢性的な肩こりや腰痛など、妊活以外でも来店は多い。

sub03

▲ 3.サロン内に並ぶ漢方薬。安心できる選りすぐりの漢方製剤を取り揃えている。


漢方サロン『りんどう』
福岡市中央区桜坂1-6-9
http://www.rindo-i.jp/
※運営会社 『株式会社りんどう漢方薬品』桜坂店のほか、天神イムズ店あり
TEL/092-718-2882

written by 編集部