中原 亜希子さん/人間らしい温かいまなざしで 支え合う世界を広げたい

音響機器のレンタル業から転身し、介護の世界に入った中原亜希子さん。カラオケ機材を軸に商材を増やし、福祉用具のレンタルを始めたことがきっかけだった。バリアフリー勉強会のメンバーと、広島県のグループホームを見学したとき、かつて体験したことのない感情が心の底から湧き上がった。「認知症高齢者の方と介護をする人たちが支え合っている姿を見て、そこに流れる温かい空気に触れ、私がやりたいのはこれだ! と思ったんです」と満面の笑みで語る。  

直感に迷いはなかった。レンタル事業を売却し、「みんなが住みやすい家をつくりたい」という一心で、グループホーム設立に向けて動き出した。当時の拠点は福岡市だったが、知人から北九州市八幡西区の物件を紹介されると即決。8カ月の準備期間で『グループホームきらめき』を開設した。  

介護経験も土地勘もゼロからのスタート。利用者はなかなか集まらず、定員に達するまで2年かかった。「紹介で来るのは重度の認知症の方ばかり。他では大変だと言われた方を受け入れてきたことが、うちの強みになりました」。気持ちに寄り添う介護をするために、相手が生きてきた歴史や環境を徹底的に学んだ。介護スタッフとの意見の衝突、借金返済も乗り越え、一つの場所で9年間かけて事業基盤を構築。3年前から介護形態の異なる事業所を増やしていった。  

現在は、アジアの介護普及活動にも関わっている。志を共にする全国の経営者と手を組み、NPO法人の理事として、ミャンマー国の介護職員を日本で育てる仕組みづくりを始めた。中原さんは主に教育面を担当している。「数十年先には “介護” がノーベル平和賞を取るビジョンを持ち、優れた日本の介護をグローバルスタンダードにしていきます」。直感を信じて切り拓いてきた道を、さらに広い世界へつなげていく。

『株式会社 プロデュース』代表 
中原 亜希子さん

1970年山口県下関市出身。短期大学卒業後、サービス業などを経て2000年に『株式会社プロデュース』を起業。2006年から北九州市八幡西区で認知症高齢者を対象にした介護施設『グループホームきらめき』を運営。より利用者ニーズに合ったサービスを提供するために、小規模多機能ホーム、認知症対応型通所介護などさまざまな形態の介護事業を展開。現在、同区の本城地区と上の原地区に4店舗8事業所を運営している。

sub01

▲ 1.みんなで祝う入居者の誕生会。折り紙教室、音楽療法、季節行事などイベントも盛りだくさん。

sub02

▲ 2.施設には毎日のように地域の子どもたちが遊びに来る。「きらめキッズ」としてイベントでも大活躍。

sub03

▲ 3.通い・宿泊・訪問のサービスを提供する小規模多機能ホーム、認知症高齢者のグループホームを備えた『きらめき上の原』。


株式会社プロデュース グループホームきらめき
北九州市八幡西区本城東1-11-27
http://pro-kirameki.com/
TEL/093-695-3850
営/24時間対応
休/なし

written by 編集部