上野 広子さん/人と組織、文化、国を つなぐ架け橋になりたい

小さな頃から人と語学が好きで、憧れの客室乗務員になった上野広子さん。国際線を飛びたくて、20代半ばで外資系エアラインに転職。30歳で帰国後は東京の外資系企業に勤めた。順風満帆で華やかなキャリアに見えるが、その陰にあるのは強い意志と行動力だ。国内外でCAを経験。外資系企業では受付業務に従事し、やる気をかわれて役員秘書や海外交渉を任された。「私、猪突猛進タイプなんですよ」とチャーミングに微笑む。

そんな上野さんに転機が訪れたのは2011年。父親の病を機に福岡へ戻り、メーカーで海外ビジネスを担当するうち、起業への思いが膨らんだ。「企業は当然、利益を追求しますが、私は誠心誠意人をおもてなしするのが好き。自分の思いを叶えるために起業を決意しました。人生は一度きりですから」。勉強会や交流会に参加し、実力を高め人脈を広げた。

2013年『グロリア21』を設立。当初は企業の海外進出支援や翻訳を主軸にしたが、ビジネスマナーと起業の講義をした際、進むべき道が見えたという。「失敗談もさらけ出し、それでも諦めず進んできた体験談を話すと、受講者の方々の表情がイキイキと輝く姿に感銘を受けました。人を元気づけ、本来の能力を発揮できるサポートをすることが私の使命だと気づいたんです」。それから人材育成やビジネスマナーをメインに据え、大学や留学生の学校、有名企業まで様々な場で講義や支援を行っている。起業3年目には黒字化も果たした。迷ったときは聖書を開くと、力が湧いたり気持ちが楽になったりして、進むべき決断の指針にするという。「心から願うことをすれば道は自然に拓けると信じています。これからも企業や人が輝くサポートをしつつ、福岡の国際化にも貢献したい」。自らの使命に導かれ、上野さんは明るく前向きに信じる道を突き進む。

『グロリア21』代表・人財トレーナー 
上野 広子さん

福岡県出身。福岡女学院大学卒業。エアーニッポン株式会社(現・全日本空輸株式会社)に就職し、5年後チャイナ・エアラインへ転職。通算8年半にわたり、客室乗務員や機内通訳(英語・中国語)として勤務。チャイナ・エアラインでは台北本社を拠点として世界各地へ乗務した。帰国後、外資系製薬メーカー東京支社にて役員秘書、海外交渉を担当。2011年帰郷し、化粧品・健康食品メーカー福岡本社でアジア企業との交渉を手がける。2013年9月『グロリア21』設立。おもてなし人材教育や英会話をメインに、翻訳等も行う。

sub01

▲ 1.ネイティブ講師による「おもてなし英会話」は実践的な内容で大好評。

sub02

▲ 2.大手企業から専門学校まで、幅広い顧客に研修を行う上野さん。親しみやすい笑顔が印象的だ。

sub03

▲ 3.上野さんのバイブルは聖書と「感謝が習慣になる21日」。戦略的目標達成プログラムを受講するなど意欲的に学びを継続しながら、マインドセット&目標達成コーチングとしても活動している。


グロリア21
福岡市博多区中洲5-3-8 アクア博多5F
TEL/092-287-9783
http://gloria21.com/
営/9:00~18:00
休/土・日曜、祝日

written by 編集部