街行くオシャレ上手たちのスタンダード ”タックイン”スタイル

この頃の街のファッションコーディネートの大きな流行と言えるのが、パンツ・スカート問わずにトップスをボトムスにinさせた、”タックイン”のスタイル。

昨年のタックパンツの流行から、ボチボチと馴染みはじめていたこのスタイル。ひと冬を越えた今春には、着こなしのスタンダードとしてしっかりと定着したようです。

inさせて着るのが前提であるシャツやブラウスはもとより、Teeシャツやカットソーでラフにコーディネートしている方も多いよう。
ゆったりサイズやハイウェストなど、シルエットを意識したボトムス選びでのスタイルアップ演出が、このスタイルの大きな魅力と言えるでしょう。

このタックインスタイルの流行から、どうやら街では”セパレート”派が増えているご様子。「上手なシルエット演出=良いワンピース」というイメージに対して、懐深く応えてくれるフレキシブルさが、このスタイルの人気の理由のようです。

この人気は、季節を越えてもしばらくは続きそう…街の”in事情”に、要注目を!