より良い秋のコーディネートに向けて、去る季節の脇役たちにご注目!

お天気がすっきりとしないまま夏が終わり、福岡には早くも秋の気配が。
街のファッションも同様で、その変化には慌ただしささえ感じます。
来たる季節の良きコーディネートに備え、この夏に特徴的だったポイントを振り返ってみましょう。

まずは足もとから。今年は”ストラップ型”のサンダルが、大きく支持されました。
これは昨年あたりから流行していた、ローカットのシューズに短めのソックスを合わせるスタイルに由るもの。
同様にサンダルとソックスを合わせるために、鼻緒のない型のものが自然と定着したようです。
夏でも衰えなかったソックス履きの人気は、スニーカーやローファーなどと合わせて、この秋にも引き続きそうです。

続いては、帽子。この夏は、多くの方がハット型の帽子をコーディネートに取り入れていました。
カジュアルなバケットハットや涼しげなパナマ帽などなど…その人気の幅は、年代や好みを越えたものでした。
そんな中でも目を引いたのは、ツバが広めのものをクールに冠りこなしてしていた方々。
この秋に向けても、フェルトの中折れ帽など、かっこよい”ツバ広”スタイルが定着の気配を見せています。

そしてサンダル・ハット伴に、そのカラーリングに大きな特徴を見せました。
革や麦ワラ素材のようなナチュラルなブラウン系カラーや、夏らしい明るく強いカラーのものは控えられ、
白・黒・紺・グレーといった、トーンの落ちついたカラーのものが多く支持されました。
まさに”都会的”とも言えるこれらの色の流行の兆しは、暑さから遠ざかるこれからの季節に、より顕著となってくるでしょう。

去る季節の街の脇役たちの特徴を読み解けば、来たる季節に選ぶべきものが見えてきました。
いつもよりちょっと早めな、この秋のファッションの準備…急がず慌てず、街の様子に学んでみてはいかがでしょうか?