“タイト首”トップスでのスタイルアップで、秋冬のファッション意欲もグイっとアップ?!

にわかに暑さが戻ってきたり、朝晩はグッと冷え込んだり…着るものの選び方がどちらつかずな、今日この頃。
とは言え、街行く方々のコーディネートには、この秋冬らしい特徴がしっかりと表れてきました。
今回は、トップスの首まわりの”タイト”具合に注目してみましょう。

この秋のトップスの傾向として、ボタンやZIPなどでの”フロントオープン”ではない、
頭から被って着る”プルオーバー”のデザインが、人気を得ています。
素材は、スウェット・ニット・レースと広く問わず…そして注目したいのが、その襟元のカタチ。
Vネックやオープンネックなど襟元の開いたタイプのものよりも、首まわりを締めたクルーネックタイプが支持を集めているようです。

この”締め”の志向はさらに突き詰まり、ハイネックやタートルネックなどの”タイト首”アイテムをチョイスする方も多いよう。
これらのアイテムを取り入れることで顔まわりには締まりが生まれ、トータルもよりクールな印象を備えた仕上がりに。
男女問わず”都会的”なコーディネートが流行している中、この”タイト首”アイテムはとても有効な好プレイヤーだと言えるでしょう。

これらの首まわり事情を意識して街のスタイルをチェックしていると、
ネックの高さと着ている方のファッションへの意欲が、まるでシンクロしているようにまで見えてきました…。
という僕の偏解はさておき…この”タイト首”スタイル、この秋冬らしい着こなしの一手として、チョイと意識の内に置かれてみてはいかがでしょう?