【読者公開鑑定】自分の人生を生きられるのは自分だけなのです

★毎週水曜日更新★


美猫の算命学で見る! 「ズバリ!解明!あなたの未来!」です!

 

今日のご相談は とあ さん 女性27歳の方です。

【相談内容】

周囲が恋人あり&結婚が決まった人ばかりで、焦る気持ちもありながら、
既に焦り過ぎて疲れたという気持ちがあります。 付き合いで行った女子会
でも、周りは遠慮なく彼氏の話ばかり。 しまいには「あなたも彼氏ができた
時のために聞いておくといいよ」 と言われる始末。人それぞれ考え方が違
うのに、余計なお世話だなぁと 思ってしまいました。恋人を作るためにどう
動こうかを相談しても、 「ジムにでもいけば?」と適当にあしらわれてしま
いました。悲しかった し、悔しかった。 私はいつまでこのままなんだろう?
と。もう、本当に飲みたい女友達と 以外はできるだけ飲みにいくのをやめ
ようと思います。

大学卒業後2年間のブランク後、2013年に社会人生活がスタートし、天中殺
に入る少し前に職場の人間関係が原因で1ヶ月休職し、今年は試運転な感
じで仕事をしてきました。 原因になった人のほとんどが異動したことが天中
殺中の幸運です。 気分転換のための習い事(女性限定のフィットネスクラブ、
マンツーマンの ボイストレーニング)をやっていますが、職場も習い事も出会
いが期待でき そうにありません。身体と心のぼんやりした感じがなくならない
まま、27歳 となる来年をどう動くべきか、悩んでいます。

ちなみに2012年と2013年に「いいな」と思う人がいて自分からアタックしま した
が、自分のアタックが良くなかったり、遊ぶうちに相手と合わないこと がわかり、
ダメになりました。 最後に好きだった人とダメになったのは、2013年の12月です。
2014年の合コンは身体の不調(家族内の心配事が原因)で楽しめませんでした。
友人に連れていかれて鑑定してもらった霊媒師の人からはろくに話も聞かずに
「恋愛のベースがなっていない」「結婚は35歳を過ぎてから」という結果を突 きつ
けられました。 今は恋愛小説を読んで、恋する気持ちがどういったものかを思い
出し、どんな 人が自分に合うかを一生懸命考えています。
すみません、イタイ女で…。

 

=====

 

人間、誰でも 「一生に一度の人生。それを充実したものにしたい」 と思うのは当然
のことです。
自ら不幸な人生を望むひとはまずいないはずです。

なのに、どうして、悩みがばかりが出てくるのでしょうか。
不満・愚痴ばかり出てしまうのでしょうか。

それは「こうでありたい自分」と「今の自分」の「乖離」 が原因だと思うのです。

・本来であれば、~であるべき
・本当であれば、~っているはず
・普通にいっていれば、~なっていたのに

そんな思いが、「不満・愚痴」なってしまうのですね。

しかし。 上記の「本来であれば」「本当であれば」「普通にいっていれば」 というの
は、往々にして「世間一般の状況」のことを指す場合が 多いものです。
ただ「世間」というのは、「自分の周りのごく親しい5~6人の こと」だったりします。

「周囲がみんな恋人ができたり、結婚したりしている」

と言いがちですが、「周囲がみんな」というのは実際に、同年代の 何パーセントで
しょうか。自分以外のすべてのひとが恋人がいて 結婚しているのでしょうか。

「わたし以外のみんなが~である」

という「認知(物事の捉え方)のゆがみ」のひとつで 「過剰な一般化」といいます。

とあさんは、この「過剰な一般化」をしている可能性があります。

他者の、自分の出来ていないところに焦点を当て、そこをクローズ アップして
「わたし以外のみんなは、わたしができていないことが できている」と思ってしまって
いませんか?

恋人がいるひと、結婚が決まったひとに焦点をあて、「自分には 恋人もいないし、結
婚の予定もない」と思ってしまっていませんか?

そして、ここまでお読みになられたら、

「だから、わたし、ダメなんですよね・・・」

と思ってしまってませんか?

はい。それで、第一段階クリアです。

今の膠着状態から抜け出すためには、まず「ダメな自分」・・・ ご相談文の中から引用
すれば「イタイ女」であることを「肯定」 することが大事だからです。

「肯定する」というと、ちょっと誤解があるかもしれませんね。

「うん。こういう状況なんだな」と今の自分の状況を「客観的に見て みる」ということが
大切なのです。

そのうえで、こう考えてみる。

「恋人がいない…ということは、これから、素敵なひとが恋人が  できる可能性がある」
(すでに恋人がいる人は、そういう「可能性」がない)

「人それぞれ考え方が違うのに、余計なお世話だなぁと思った。  自分はそうはならない。
違う価値観を認められる存在になろう  と思うことができた」

また、自分の幸せの話ばかりして、友人の悩み相談には真剣に 乗ってくれない友人とは、
一定の距離を置こう。 という人間関係の自分なりのルールも構築できたことになります。

この過程を経て、次のステップです。

「では、わたしはどうなっていきたいんだろう」

これをご自分に問いかけてみてください。

いま、とあさんは、

「心のぼんやりした感じがなくならないまま、27歳となる来年をどう 動くべきか悩んでいます」

ということですね。

「どう動くべきか」は「目的地」がはっきりしないとなんともいえ ません。

北に旅したいのであれば、防寒具が必要。 南に旅したいのであれば、日傘が必要。

だからです。

「いや、でも、その目的地がわからないんです!」

ですか?

はい。では、とあさんは、暑いのと寒いのがどっちがよいですか? 都会と田舎はどっち
が好きですか?活気があるのとのんびりするのは どちらがよいですか?

要は「目的地」とは、「自分が快適であるところ」なんです。

その際注意したいのが、

「結婚できた」「恋人ができた」という状態が「とあさんが快適である」 とイコールかどうか、
見誤らないことです。

「結婚できたから、友人と同じレベルになった」「恋人が出来た から友人の恋バナに参加で
きる」では、「結婚」「恋人」が単に友達 と互角に張り合えるアイテムを手に入れた、になっ
てしまいますよね。

もちろん、とあさんの目的地が「友達と同じ立場に立つ」というので あれば、それでもOKです。
ただ、そのような理由で、結婚を焦って決めてしまった方が、 「こんなはずではなかった」とご相
談にみえる例は少なくありません。

今、とあさんは、

「恋する気持ちがどういったものかを思い出し、どんな人が自分に 合うかを一生懸命考えています。」

ということですよね。

そもそも・・恋愛は「思考」でするものなのでしょうか。

江國香織さんの小説に

「恋はするものじゃない。落ちるものだ」

という一遍があります。

「そのとき」が来たら、自動的に本能的に「恋愛スイッチ」は入る はずです。 今、「思い出して、
考えている=思考の段階」は、まだ「そのとき」 ではないように思います。

「でも・・そういうときは、今後来ないかもしれない・・・:

そんな不安に陥っていらっしゃるとしたら、前述した「自己肯定」 が不十分であるからです。

ご自分のよいところ、肯定できるところを沢山、ご自分でみつけて ください。

「それがわからないから、相談している」

ですよね。

はい。では、とあさんの「いいところ探し」を算命学をつかって みていきましょう。

 

とあさんの中心星は「鳳閣星」。
明るくて愛されキャラです。ムードメーカー的才能がありますので 仲間内の集まりには
絶対居てほしいひとです。
また、「食」にこだわりがあるひとが多いのも特徴です。
「どこのレストランにするか迷ったら、鳳閣星を持っているひとに聞け」 といわれるほど、
おいしいお店を知っているひとが多いですね。 よくしゃべり話が面白いひとが多いようです。

「車騎星」と「牽牛星」が命式内にあります。 これは「官殺混雑」といわれる特別の型で「モテて
モテて困る」という ものです。色気があり、自然と男性をひきつけるものを持っているとい われ
ています。

北の星「貫索星」は「目上」運を表します。 上司や、先輩からかわいがられ、引き立てを受けや
すいです。 これは「午未天中殺」であることからもいえます。 一族の恩恵をすべて独り占めに
できる、といわれるのが「午未天中殺」 です。

陰占の日干支「丁亥」を持つひとは霊感・直感が強く感受性が高いので 芸術家です。
中心星の「鳳閣星」も「表現」の星ですのでクリエイティブな趣味を持 たれると良い作品をどんどん
生み出されるでしょう。

人気モノで、モテ体質で、クリエイティブな才能がある。 とあさんは、そんな素敵な人です。

なのに、なぜいま「身体と心のぼんやりした感じがなくならない」 のでしょうか。

「天中殺」について知識がおありのようですので、ご自身でわかって いらっしゃるかもしれま
せんが、この状態がまさに天中殺現象です。

・なんとなく焦燥感に駆られる
・意味もイライラする
・情緒不安定になる ・自分の希望が叶いにくい

その結果

・人間関係がうまくいかない
・天中殺の時期でなければ乗らない話に乗ってしまい後悔してしまう

ということにつながります。

とあさんは、2014年、2015年の天中殺は、玉堂星と龍高星が回って います。
一般的にいわれているのは、「年上の女性とのトラブル」です。

また、恋愛も天中殺期間はあまりよいご縁はできにくいとされて います。
天中殺のときは、たとえていえば「ちょっと酔っぱらった状態で ひとを好きになる」感じなので、
天中殺のとき好きで好きでたまら なかったひとでも、天中殺があけると同時につまり、酔いが
冷める と同時に「あれ?なんで、こんなひと、好きだったんだっけ?」 となる、と。 なので、天中
殺のときのご縁は、天中殺あけまで。。酔いがさめ るまで付き合ってみて、それでも好きなら、
それは赤い糸のひと であると考える。

とはいえ、 天中殺は悪いことばかりではありません。 自分の身を磨くことに関しては、とてもよ
いとされています。 それも現実的なことではなくより精神的なことで修身すると よいのです。

「表現の星」をもち、感受性の強いとあさんですから、まさに この期間にクリエイティブな趣味を
とことん追求してみてはいか がでしょうか。 何かに打ち込むことで心の迷いが消え、天中殺の
ときにしかでき ない勉強ができるようになるはずです。

また、とある霊媒師の方から

「恋愛のベースがなっていない」「結婚は35歳を過ぎてから」という 結果を突きつけられた、
のですね。

すべての占いで当たることが唯一ひとつだけあります。

それは「あなははいつか死にます」ということ。 人間の死亡率は100%ですからね。

それ以外は、なんとでもなります。

しかし、それは、ご自分で「なんとかしよう!」と思わないとなんとも なりません。

「結果を突きつけられた」とありますが占いで「未来の結果」はわかり ません。わかるのは
「未来の可能性」です。

その霊媒師の方が言いたかったのは、

「いまのまま、自分の出来ていないことばかりに焦点をあてていたら  
恋愛はできないし、婚期も遅れる」

ということではなかったのでしょうか。

とあさんの人生は、とあさんだけしか生きることができません。 わたしもその霊媒師も、
アドバイスはできても、とあさんの人生を 代わりに生きることはできないのです。
とあさんの人生の主導権は、わたしでも霊媒師でもなくとあさん自身 が握っているのです。
「35歳までには絶対に結婚できない」と思ってしまったら、それは とあさんの人生ではなく
霊媒師の方が設計した人生になってしまいます。

「~してくれない」「~された」「~いわれた」 「受動態」で考えるとたちまい「被害者」
になってしまいます。 「被害者」でいては主導権はとれません。 自分の人生を生きることはできません。

陰極まれば陽に転じ 陽極まれば陰に転じる

といいます。

いいも悪いも3年以上続きません。

人生は糾える縄のごとし。 人生万事塞翁が馬。

それを表す古来からの言葉は枚挙にいとまがありません。

・出来ていないことに焦点をあてすぎない

・自分をたくさん肯定する

・運勢バイオリズムの落ち込みは継続しない

これを実行するだけで、運気はぐんとよくなるはずです。

★お知らせ★ ====

あなたの運勢を公開鑑定しちゃいます!

応募はこちらから→★

フォーチュリングサロン&スクールBeneko(びねこ)では
鑑定・講座を随時受け付けております!
お問い合わせ・鑑定申し込み・体験講座のお申込みは以下からどうぞ!

【対面鑑定のご案内】
60分(算命学・手相)。。。10,000円(税込)

80分(算命学・手相・カラーセラピー)。。。15,000円(税込)
★こちらよりお申込みくださいお申込みフォーム

 

【電話鑑定のご案内】
40分(算命学)。。。5,000円(税込)
★こちらよりお申込みください
。⇒お申込みフォーム

 

【算命学・手相・心理学講座のご案内】
★講座内容・講座資料請求・体験講座申込 こちらからお申込みください

ジジ====ジジ=====ジジ====ジジ
美猫モバイル会員の募集】(年会費等無料!)
お誕生日に鑑定メールが届く!その他、特典盛り沢山!
詳細はこちら!→メモ
ジジ====ジジ=====ジジ===ジジ