疲れたら、癒しを求めて「宮崎県椎葉村」へ行こう!

疲れたら、癒しを求めて「宮崎県椎葉村」へ行こう!

 

3月14日、15日宮崎県椎葉村へモニターツアーを行いました。

20名定員に対し、倍以上の申込みあり、大人気!

福岡からバスで3時間半。(休憩を挟んだので、思ったよりきつくなかったです)

山の上に、小さな椎葉村があります。

 

実はココ一帯利根川地区が「利根川伝統的建造物群保存地区」として大切に保存されています。

平地が少ないので、出入り口が一面になっている利根川地区独特のつくり。

その小民家を体験しながらポカポカひなたぼっこをしながらお昼ごはん。

「尾前設計」の尾前(おまえ)一出男さんのご協力で、小民家をお借りました。

 

この自然。気持ち良い~。

樹齢800年の八村杉(やむらすぎ)を見学し、パワー充電!

(ものすごく大きくて、写真に納まりきらないぐらい)

 

そのあとは、九州では自生しているメープルの森はココだけ。

実際にメープルの木を見学に行き、搾取を体験してみました。

 

実は天候に左右され、ツアー2~3日前まで

かなり樹液の出が悪かったそう。。。。。

それが、当日奇跡的に出たーーー!!

ツアーに関わった皆さんと読者さんたちの日ごろの行いが良いからでしょー^^

 

実はこのメープル搾取の時期は2月。

かなり山の上にあり、車で20~30分登っていった先に自生してます。

かなり激しい山道を椎葉村観光協会の方は、2カ月間、2日に1回登り、

今回のツアーのために少しずつ少しずつメープルを搾取していただいておりました…。

ありがたや(涙)。。。。こういうおもてなしの気持ちがツアー参加者の心をぐっと引きつけます。読者の皆さん、みんな大変喜んでいました^^

2泊目にこのメープルを使って、お餅つきをしました!

 

そして、この日のお宿『龍神館』へ。

喜久子お母さんの愛情こもった料理を頂きました!

囲炉裏でいぶし焼きした、新鮮なヤマメまで!

(椎葉村での呼び名はエノハです)

そして、喜久子お母さん手打ちのおそば。

美味しい~。みんな満腹!

 

そして、椎葉村観光協会よりサプライズプレゼント。

神楽で使う御幣(ごへい)を5名にプレゼントしてくれました。

急遽じゃんけん大会(笑)。

勝ち取った方、喜んでました~。

神棚や玄関に奉ると良いそうです。

 

さぁ、2日目は、朝6時出発で雲海へ!

残念ながら雨…(涙)

 

でも帰る頃、小さな雲海が見えました!

 

その後は、童心にかえって餅つき大会。

みんなでアッハッハ!と笑いながら

ペッタンペッタン。

丸めるの楽しい。

つきたてのお餅がまた美味しいこと!

そして、観光協会さんが頑張ってとってくださった

メープルもくつくつ煮て。かけて食べちゃうのです!

カナダのメープルが60度くらいだそうですが、

このメープルは63度! コクのある初めて食べたようなメープルの味。

 

 

そして奇跡の蜂蜜と言われる「椎葉の秘蜜」もかけて。

これがまた美味しい!

 

 

そして、鶴富屋敷へ見学&昼食。

 

厳島神社へ。

 

お土産を買って、福岡へ帰ってきました。

 

参加された読者の声は、

「伝統建造物を見て歩きパワーを頂き椎葉村の心づくしの料理を食べ文化にふれ本当に思い出深い旅になりました。スタッフの皆さんもありがとうございます」

「観光協会の方もすごく頑張っていらっしゃって感激しました。」

「椎葉村の暖かい人々に触れ村の印象はとても良いです。」

などなど、皆さん大変満足して頂きました!

 

今度は、夏にヤマメ釣りやカヌーを体験できる

アクティブツアー、秋には紅葉が楽しめるツアーを行えるようにがんばるぞ~。

リフレッシュしたいとき、椎葉村おすすめです!

 

written by 編集部