【アメリカ後編】コヨオミ、僕の生い立ち

皆さま、こんにちは!株式会社ケセラセラジャパン

日本初・LGBT集客コンサルタントをしております、松岡暦臣(マツオカ コヨオミ)です!

梅雨が続いておりますが、皆様体調は崩されておりませんか?

僕がカタツムリか蛙だったら嬉しいんだろうけど・・・残念ながら雨より晴れが好きなので早く梅雨明けしてしてほしいです。

 

さて、前回、【アメリカ前編】コヨオミ、僕の生い立ちにつづき、

(記事へリンクしています。)

 

第9回目となる今日は、【アメリカ 後編】ですね!

外に出るのも辛かった時代から、ジム通いや日々のランニングを楽しめるまでに回復したわたくし。写真はランニングしていた森のなかからの1枚。

ジムで出会ったセクシュアルマイノリティの方々から色々な世界を見せていただき、視界が広がり始めていました。

 

そんな時、続いて「PUB(パブ)」と呼ばれる日本でいう飲み屋さんにも行くようになりました。

レインボーの旗があるお店だけでなく、ストレートの方々が通うお店であっても、バーテンダーがFTM(女から男へのトランスジェンダー)だったり、

お客さんにもガールズ(ビアンの方)やゲイの方がいたりと、セクシュアリティに富んでいました。

 

あまり英語は流暢ではないので、ジェスチャーだったり、周りの話を聞いて適当に合わせることも多々ありましたが、そんな中で

 

「Youはなぜトランスジェンダーであることで悩むの?ハッピーは自分で作れるよ?」

と尋ねられたり、聞かれることもありました。

 

なぜこんなにも苦しんでいるのか・・・

 

もちろん理由を探せばきりがありません。 確かに、苦しいです。

24時間365日、自分の性と逆を演じていたのですから。

 

ただ、このセリフをいただいたのは、衝撃でしたね。

アメリカでもまだ、差別する保守的な地域や人もいます。

けれど、

僕の周りには運良く、その壁を乗り越えた明るい人々が多かったです。

とはいえ、欧米は人前では堂々と話すコトが幼少より良しとされており、そう見せる傾向があるので、表に悩みを出してなかっただけかもしれませんけどね。

 

少なくとも、僕は救われましたし、多くの方と接する中で、自分がFTMトランスジェンダーであると確信できました。 自分で自分の性を認める日がやっときたのです。

 

この時から、夜家に帰るとネットで色々とセクシュアルマイノリティのことや

性同一性障害:GID(性別違和:GD)のことも調べるようになりました。

日本でも戸籍を変えることができる!ということも知り、戸籍を男性にし、家族を持ちたいとも考えるようになってきました。

 

まずはGIDの診断を受けて、出来る治療はしていきたい。

男性戸籍が欲しい。

家族が欲しい。

久々・・・いや、ほぼ初めて本気で持った願望、夢

 

アメリカで暮らして行く道ももちろんありましたが、

1年半という月日を経て、 日本に帰る覚悟ができました。

 

日本では、全ての人の言葉が、理解出来てしまうがため(ネイティブですからね)ため、

聞こえてくる言葉が怖くてしょうがなかったし、

それによって、ある時外に出られなくなった日の恐怖がフラッシュバックするような気もしていました。

 

それでも、新しい人生に向かって歩き出そうと決めたのです。

貯金もなくなり、これ以上親に迷惑をかけられないというのもあったけれど、

そうだとしても、今までの自分だったら、体が言うことをききませんでしたから。

 

気づけばもう、この頃長らく付き合っていた「心の闇」は、

だいぶ取れていたのです。 ありがとう、ワシントンD.Cの環境。

今でも、アメリカに来る環境を下さった読者のおじさんには感謝しております。

 

今でも、独立記念日に見た花火や、一度だけバスでNYに行って見たMOMA美術館は忘れません。氷点下17度の冬も、寒かったけどとても綺麗でした。

 

次回はお金を貯めて福岡に来てから、今までの前編です。

 

みなさま、本日もお付き合いいただき、ありがとうございます^^

〜〜〜〜〜

現在、LGBTをはじめとするセクシュアルマイノリティの方の受け入れ体制を
今から学ぼうという企業様が増えております。

社内で勉強会がしたいだとか、そういったご意見がある会社様は、お気軽にご相談ください。

↓↓↓

【相談先】■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

電話:092-739-0067(株式会社ケセラセラジャパン 福岡本社 松岡宛)
または、
わたくしコヨオミのフェイスブックページである
facebookページ(RainbowWeddingなび)】 にメッセージください。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

日本での2015年調査で、LGBTをはじめとしたセクシュアルマイノリティの割合は

 

13人にひとりとなる、7.6% であることがわかっています。
クラスに1人〜2人いるということになります。
就職や、恋愛、結婚などで自分の境遇に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
はたまた、「もしかしたらウチの子・・・」という親御さんもいらっしゃるかもしれません。

 

ご質問やご相談もお受けしております。
下記 より、お気軽にメッセージください。

 


こちらの「いいね」を10000いいねにするのを目標にしています。
☆僕の活動フェイスブックページ
(ロゴをクリックでページへ飛びます)

 

 

こちらで色々と相談にのったり、情報配信しています。
当事者やその周りの方々からの友人申請等もお受けいたしております(^_^)
最近、無言申請も増えてきたので、「アバンティを見ました」と一声おかけ下さい。
フェイスブックのいいね、シェア、
ツイッターのリツイート等で応援していただけると、とても日々の励みになります!!

皆さま、今日も良い1日をお送りくださいね!


 

written by コヨオミ