橋本 さやかさん/働くママに過度な気遣いは逆効果?! 大役を任せられ生産性が格段にアップ。

橋本 さやかさん
福岡県男女共同参画センターあすばる事業推進課
福岡県出身。大学卒業後、大手百貨店へ入社。バッグ売場を担当していたときに、社会起業家が作ったバッグとその想いに感銘を受け、転職。地方初の福岡店を立ち上げ店長として活躍。その後、育児休業取得後、退職。0歳の子どもを連れて就職活動をし現職。嘱託職員として働きながら、男女共同参画行政を広く伝えるべく邁進中。

働くママに過度な気遣いは逆効果?! 大役を任せられ生産性が格段にアップ。

橋本さんが一生働きたいと思っていた前職を辞めたのは「育児と仕事の両立」を優先した結果であり、彼女が主体的に選択をしたものだった。ベビーカーを押してマザーズハローワークに通う日々。「何度も自問自答をしました。そこまで働きたいか? って。出た答えはYes。働くことで成長したかったし、その姿を子どもに見せたかった」。そして、自分の叶えたい働き方を実現できる公共の嘱託職員という職を見つけた。

「実は男女共同参画ってそれまで意識したことがなかったのですが、詳しく聞くと前職で志していた方向と同じですぐ共鳴しました。少しでも吸収したかったから学ぶ場にも積極的に出ました」と語る。

雇用任期がある嘱託職員。働き始めは「任期後どうしよう」と考えたこともあった。しかし、二人目の育児休業を取得し復帰したその年に、大きな事業を任され一気にその悩みも吹き飛ぶ。「徐々に慣らそうと思っていたら大役がきて…スイッチが入りました。やるからには “1分1秒も無駄にしない” と心に誓い、残業を絶対にしない、家に仕事を持ち帰らないと決めたことで格段に生産性が上がりました」。

見事、残業ゼロで事業を成功させ、仕事に対する意識も変化した。「任せてもらえたからブランクも感じず思う存分やれた。嘱託だからこそできる経験を積んで、次へのステップにしたい」。“かわいい子には旅をさせよ”。 これは働くママにも当てはまるのだ。

上の子に下の子の世話をさせる

上の子には、自分の身支度以外に、下の子の世話もしてもらいます。入浴後は体を拭いてあげたり、オムツを替えたり、と率先してやってくれます。上の子の自尊心も高まり、姉弟仲もいいし、私も助かる。いいこと尽くしです。

働くママへの一問一答!

Q.1分1秒もムダにしないコツは?
スケジュールは通勤中にTODOを洗い出し、一日をシミュレーション。電車内は考える時間として活用し、パソコン作業など職場でしかできないことを勤務時間に一気にやります。

Q.20時半に寝かしつける時間管理のコツは?
よくタイマーを使います。寝る10分前などにタイマーをセットし布団に行きます。時計が読めなくても、「音が鳴ると遊びは終わり」と分かるようになります。これは就寝時間だけでなく、公園に遊びに行って帰るときなどにも、タイマーをセットして「鳴ったら帰るよ」と子どもに伝えています。

Q.子育てする上で心がけていることは?
自ら考え行動できる子になってほしいと思っています。よく「あなたはどう思う?」とか「どうしたらいいか考えてみて」とまず考えさせます。もし、私がこうしたほうがうまくいくだろうな、と思っても危ないことでない限りは見守ります。そして子どもが失敗してから「お母さんはこうやったほうがいいと思ったけど、どうかな?」と提案してみます。

written by 編集部