おすすめの映画「希望のちから」


「希望のちから」2009年の映画です。

乳がんの治療を大きく変えたといわれる
「ハーセプチン」という新薬開発の実話を映画化したもので、製作総指揮は『ブリジット・ジョーンズの日記』のレニー・ゼルウィガー。

薬を開発し臨床試験を経て
患者さんへ届くまでの具体的な過程が描かれています。

日進月歩で医療は進んでいるというけれど
医療の進歩は決してかんたんなことではないんだということを痛感しました。

人の想いが、いろいろなちからとなって
いろいろなものが生まれていくんだと感じます。

秋の夜長に是非、ご覧になっていただきたい映画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

written by yotsugi