Q.10万円を超えないと医療費控除は受けられませんか?

Q.昨年7万円ほど医療費がかかりました。
10万円を超えないと医療費控除は受けられないでしょうか?

確定申告のシーズン。
年間の医療費が10万円を超えたとき、確定申告をすれば
超えた分が所得税から控除されます。これを「所得税の医療費控除」といいます。
確定申告ではおなじみの「医療費控除」。
医療費控除は10万円からと思い込んでいませんか?

Aさん:パート収入125万円 年間の医療費合計7万円
Aさんは医療費控除は受けられるでしょうか。

医療費控除の対象となる金額の計算式は、以下のようになります。

「1年間の医療費の合計」-「保険金などで補てんされたお金」-「10万円(所得が200万円未満なら総所得額の5%)」
=「①医療費控除の対象金額(最高200万円)」
①が計算できたら①に自分の所得税率を掛け算したものが、控除金額です。

Aさんで計算をしてみましょう。会社員、パートの方など給与所得者の場合
必要経費として「給与所得控除」があり、収入に応じて計算されます。

Aさんの所得は収入125万円から給与所得控除65万円を引いて60万円となります。
所得60万円の5%は3万円です。
医療費の合計額7万円から3万円を引いた4万円が医療費控除の額となり
Aさんは医療費控除が受けられます。

A.所得によって10万円以下でも医療費控除の対象となる場合があります。

総所得が200万円以上の方は10万円を超えた額が医療費控除の対象となり
総所得金額が200万円未満の方は所得の5%を超えた金額が医療費控除の対象となります。
確定申告、忘れずに申告したいですね。

written by yotsugi