眺めるだけでも勉強になる。グラフをイラスト化した「インフォグラフィック」って?

みなさんは「インフォグラフィック」ってご存じですか?

インフォグラフィック(英語: infographics)は、情報、データ、知識を視覚的に表現したものである。インフォグラフィックは情報を素早く簡単に表現したい場面で用いられ、標識、地図、報道、技術文書、教育などの形で使われている。(Wikipediaより

つまり、複雑で分かりにくい数値やグラフを、ぱっと見でわかりやすくイラストやピクトグラムにまとめて表現した図のことをいいます。

例えば…

これはコーヒーのブレンドの仕方を図解したインフォグラフィック。

コーヒーの種類ってたくさんあって、なかなか覚えてられない…ということもあるのでは?
英語で書かれてはいますが、このインフォグラフィックをみれば、エスプレッソやミルク、ホイップクリームなど、どれが入っているかが一目瞭然です。

実は、このインフォグラフィック、日常の生活の中でみかけることもあるんです。
それは電車の路線図。特に東京や首都圏の路線図は、乗り換えや路線がきちんと分かるよう、魅せ方の工夫がなされています。

海外のインフォグラフィックは、統計をまとめたものが多くまとめられています。
http://www.slideshare.net/wrike/round-and-about-productivity

私もお仕事でデザインをしたりするのですが、数値やグラフを誇張して魅せるというのは、本当に難しい技術です。受け手の解釈によっては過大に(過小に)印象づけてしまう可能性もあるので、ちゃんとしたデータを見るときは気をつけたほうがいいこともあるみたいですよ。

日本の伝統色をまとめたサイトもカッコいいです!
http://nipponcolors.com/

 

【参考】
視覚的!インフォグラフィック(infographics)のまとめサイト5選+作成ツール
http://liginc.co.jp/news/46707

視覚的!インフォグラフィック(infographics)のまとめサイト5選+作成ツール視覚的!インフォグラフィック(infographics)のまとめサイト5選+作成ツール

written by ぐーやん