お薬手帳持参で薬代が割引?!

突然ですが、みなさんお薬手帳はお持ちでしょうか?

調剤薬局へ行くと「お薬手帳お持ちですか?」と必ず聞かれますよね。「持ってきていません。」と答えても何かあるわけでもなく、私はお薬と一緒にもらう薬の説明書をお薬手帳に貼ればいいんだろうくらいに思っていました。

先日、「お薬手帳お持ちですか?」と聞かれ、ふと「つい忘れてしまうんですけど、持ってきたほうがいいですよね?」と返してみたところ、薬剤師さんがお薬手帳の必要性などを丁寧に教えてくれました。

 

《お薬手帳を持参すると》
メリット1
薬が重複していないか、飲み合わせが悪い薬がないかの確認をしてもらえる。(中には一緒に飲んではいけない薬もあります。)

メリット2
市販薬をお薬手帳に記載しておくと、病院が薬を処方する際に適切な判断をしてもらえる。

メリット3
薬を飲んだ後の症状やアレルギーを記載しておくとお医者さん・薬剤師さんと情報共有でき、治療や薬の処方への適切な判断をしてもらえる。

メリット4
お薬手帳を持参すると3割負担の人で40円くらい安くなる。(適用外の場合もあり)

 

むむむ、持参すると安くなる?それは知らなかった!
実は今年4月にお薬手帳の制度改訂で「管理指導料」に変更があったそうなんです。もともとお薬代には薬剤師さんが服用履歴の確認、飲み合わせのチェック、患者さんへの薬の説明など「薬剤服用管理指導料」という料金が加算されていたんですね。

 

詳細はこちらをどうぞ↓
お薬手帳の2016年4月制度改訂。持参するしないで薬代が変わる?
http://hacks-labo.jp/okusuritecho/

 

アプリにも対応してくれるそうなので、私はお薬手帳のアプリを使用することにしました。お薬と上手におつきあいするため、より安全な医療をうけるため、お薬手帳を活用しましょう!

 

 

 

written by ちょうこ