佐藤 愛さん/周囲の人を影から支える裏方気質

img1608_leader01labo_logo

佐藤  愛さん
株式会社エニセンス  広報・人事
長崎県出身。イベントホールスタッフ、ラジオのパーソナリティを経験し、学生時代から取り組んできた数々のボランティア活動のつながりで福岡へ。塾の受付事務を経て現職。現在は、社内外広報や採用、社内の環境づくりを担う。

Q1.入社のきっかけと今のお仕事を教えてください。
ITは未知の世界でしたが、興味本位で今の会社へ見学に行ったのがきっかけです。オープンな社風と社長やスタッフの人柄に惹かれて入社しました。今は、広報、採用を担当しています。サービスのリリース情報やHP、SNSの管理、取材対応、社内広報、ワークショップなどの社内イベント企画などを行っています。

Q2.今のお仕事のやりがいを教えてください。
アプリリリース時にはスタッフ皆でお祝いします。プレスの反響があるとエンジニアも喜びますし、そんな様子を見るのが一番楽しいですね。また、手を挙げれば仕事を任せてもらえる社風です。会社の仕組みづくりからボトムアップで変えられるので、会社の発展に貢献できている実感があり楽しいです。

Q3.壁にぶつかったとき、落ち込んだときはどうしていますか。
他人に求めすぎず、変えられるのは自分自身だけだと思い、「自分ならどうするか」を考えるようにしています。落ち込んだときはさらに落ち込む曲を聴いてどん底まで落ちます(笑)。でも長引かせずにすっきり昇華させて次に進みます。またストレスを感じたら弱い自分も認めるようにして、溜め込まないように心がけています。

Q4.これからの夢や目標を教えてください。
『福岡でアプリといえばエニセンス!』と言ってもらえるように、弊社だけの魅力を伝えていきたいです。また、今後は広報採用もチームとして運営できるような、社内体制を整えたり、女性の割合が少ないので女性が働きやすい環境にしたいですね。そこにつながるように、まずは自分が前例になりたいと思っています。

img1608_leader02

◎佐藤さんのお仕事アイテム・・・CANON EOS KissX4
劇団の運営をやっていたときに購入した一眼レフ。アイテムというより“相棒”だそう。スタッフの何気ない日常もパシャリ。

written by 編集部