5/22(日)自分の体は自分で守る「セルフロミロミ」にトライしてみよう!

自分の体は自分で守る「セルフロミロミ」にトライしてみよう!を開催しました。
講師は株式会社ロミエミジャパンの唐津絵三子先生。

先生は、色々な体調に見合った植物をハワイで探し、病気を予防するオイルを長年かけて作ってこられました。
持ってこられたハワイの薬草を使った様々な香りのオイルの中から、私もお気に入りの香りを探してみました
良い香りと思ったものには、体に足りない成分が入っているそう。

お気に入りの香りが見つかったら、さっそく、グァバの木で作ったロミスティックを用いてセルフロミロミに挑戦。

ロミロミとはハワイ伝統のマッサージです。
ロミロミセラピストは、指をほとんど使わずに前腕を使ってロミロミします。日本人の硬いコリには前腕の骨も使ってロミロミします。

ロミスティックにグァバの木を使うのは、ひとの腕の骨の硬さに近いからだそう。
自分の手や腕、首などをマッサージしました。
日本人は肩が凝りやすい環境にあるとのこと。
そこから来る偏頭痛もあるので、しっかりほぐして予防することが大切。

絵三子先生によるロミロミのデモンストレーションを見学。

お土産に配布されたのは、ハワイのパッションフルーツ、“リリコイ”の香りのミスト。

“癒し”や“ほっとする”ことが体調の改善につながることを教わりました。

 

 

 

 

 

written by ゆに