秋の夜長におすすめの本

庭のサンシュユの実が赤く色づいてきました。

秋ですね。

秋の夜に読んで頂きたいおすすめの本をご紹介します。
20111019-1319002643

◉ 「東京バンドワゴン」シリーズ
  小路幸也さんの心がじわーっとあったかくなる
  下町ラブ&ピースのお話。
  シリーズは現在6作まであります。ホームドラマです。
  こんなお家にしたいなぁ と憧れます。
  小路さんの「東京公園」は映画化されましたね。
  「東京バンドワゴン」もドラマや映画になるといいなぁと
  願っちゃいます。

◉ おいしい日常 
  平松洋子さんのおいしいものがいろいろのエッセイです。
  黒七味や柚子胡椒の話や「おいしい」を探して旅をした話など
  気軽に読めて食欲がわいてくる本です^^ 。食欲の秋にどうぞ。

◉ 今日もていねいに。 
  「暮らしの手帖」の編集長の松浦弥太郎さんのエッセイ。
  明日がくるのが待ち遠しい気持ちで
  「おやすみなさい」って言えそうな本です。
  ていねい、好きなことばです。

◉ 凛とした女の子におなりなさい
  作詞家阿久悠さんの詩集です。
  言葉のちからを感じます。
  ピイピイ言うようじゃ大人じゃないし……って
  いうところがあるのですが 
  背筋がしゃんとするような詩集です。

◉ のぼうの城
  和田竜さんの本。映画化され来年公開予定です。
  登場人物も魅力的な痛快時代小説です。
  ワクワクしながら読みました。
106_20111019-1319002665

本はいいなぁ…….と思います。

written by 編集部