サニークラウズ通信2016.02 むかしばなしに、男女関係を学ぶ!? 私を育てる“見極め力”の身につけ方。

むかしばなしに、男女関係を学ぶ!?
私を育てる“見極め力”の身につけ方。

人間関係のなかでも、とりわけ男女の関係となると、悩みや不安を持つ人は多いはず。恋愛や夫婦の関係の中で、男性から心ない言葉を投げかけられて傷ついたり、自信をなくしてしまった…という経験もあるかもしれません。今回は、良好な男女関係を育むのに欠かせない“人を見る目を養う”ことについて、昔話をひも解きながらお話しましょう。

昔話に語られる“男女関係”のハッピーエンドは、二人が結ばれること。「いっすんぼうし」など、若い男女が登場する話では、最後には二人は夫婦となり末永く暮らしましたとさ、という結びが一般的です。一方で注目したいのが、若い男女が登場するのに二人が結ばれなかった話。例えば、誰もが小さい頃からよく知っている、あの有名な昔話「うらしまたろう」は、どうでしょう?

亀の背中に乗って竜宮城に案内された浦島太郎。そこに待っていたのは、乙姫様のごちそうに、タイやヒラメの舞い踊り…。そんなに素敵で楽しい世界で、なぜ浦島太郎は美しい乙姫様と結婚しなかったのでしょう? そのいわれは諸説ありますが、実は乙姫様は数百年生き続けている老女で、不老不死を保つために若い男を狙っていた…というおもしろい見解もあります。甘い言葉や見かけ倒しの先に待っているものは何か? を暗に示した昔話ともいえますね。

もしも今、人間関係や恋愛関係に悩んでいるのなら、周囲の人との関係性を改めて見直す必要があるかもしれません。そのために必要となる“人を見る目”を鍛えるヒントを、昔話から学んでみませんか? 人を見極める力を養うことは、自分のあり方を見直し、心を成長させるきっかけにもつながります。

昔話に“人を見極める力”を学ぼう
育自のじかん む・か・し・ば・な・し にふれる

昔話を読みながら、「人を見る目を養う」というテーマについて考えます。古くから語り継がれてきた昔話の意味や教えをひも解きながら、人とのつき合い方・人間関係のあり方を見つめ直すきっかけにしましょう。

■日時/以下より希望日時を選択してください
(全1回の1dayセミナーです)
2月17日(水)10:30~12:30(受付10:00~)
2月20日(土)14:30~16:30(受付14:00~)
3月16日(水)10:30~12:30(受付10:00~)
3月19日(土)14:30~16:30(受付14:00~)

■会場/サニークラウズ5Fセミナールーム
(福岡市中央区大手門2-2-24)

■料金/一般3,500円、メルマガ会員3,000円(税込)
※託児あり/1名につき500円                                                                                                                   

■定員/各10名(先着順)※託児あり/1名につき500円

■申込み締切/セミナー開催日の1週間前
※申込み後にセミナー当日に使用するテキストを連絡

[講師] 中田早苗さん
心理療法士、日本発達心理学会会員、日本感情心理学会会員、日本パーソナリティ心理学会会員。専門は「発達と人格形成」。教育機関講師、自己探求ワークショップ講師として活躍する一方、豊富な臨床経験を踏まえ、多くの人の悩みを紐解いてきた。

sunny-clouds_mm (1)sunny-clouds_sr

written by 編集部