アヴァンティ女性視点研究レポートVol.36「起業って選択はあり?なし?」

アヴァンティ女性視点研究レポートVol.36「起業って選択はあり?なし?」
【福岡の女性たちの起業意識に関する実態調査アンケート】の結果が出ました!

情報誌アヴァンティの読者コミュニティ「avanti働く女性研究所」では、福岡県内の女性たちの起業意識に関する実態調査を行いました。

詳しいレポートpdfはコチラ↓
レポートVol.36「起業って選択はあり?なし?」

<こんな結果が出ました>repo2-340x254

◆「起業してみたい!」女性は約6割

女性たちの約8割が起業に興味があり、やってみたいことがあると回答。一方で、やってみたいことの実現が今の働き方のままでは叶わないことも、女性たちの多くは気づいていた。

repo3-340x255

◆「起業」への漠然としたマイナスイメージがネックか・・・?

「もし自分が起業するとしたら?」という問いに対する2大不安要素が「事業継続できるか」「必要な資金を準備できるか」。また、起業に対するイメージを尋ねたところ、多くの女性たちが「マイナスイメージ」を抱いていることが分かった。

◆アヴァンティ的考察

起業意欲は高い!ただ、具体的に考えると怖いし、漠然とした不安もある・・・

働く女性たちの多くが起業を考えたことがある。また、やってみたいこと・実現したいこともあり、それが起業によって叶えられるかもしれない、と思っている様子。

ただ、そんな女性たちの多くが、いざ現実的に起業を想像したとき、事業を続けていけるのか、開業資金は・・・?といった不安がまずは浮かぶようだ。また、「起業」に対して、漠然とした不安やマイナスイメージを抱いており、それが起業へ踏み切れない大きな要因の一つとなっているよう。

▼▼だから、女性たちの背中を押すのはこんなサポート!▼▼

①まずは「起業するまで」の道のりが具体的に分かること!
起業の具体的方法が知りたい、ハウツーを学びたいという声が多かった。会社勤めや組織で働くことしか経験のない働く女性たちは、起業するには具体的に何が必要でどんな流れなのかがハッキリしないことには、起業という選択は取らないだろう。起業という方法がいかに身近で「私にもできること」と思わせる必要がある。

②資金サポート、一人じゃない方法の提示、メンターとの出会い
開業資金の援助や助成制度があることをまずは女性たちに広く知らせることが資金面の不安解消のきっかけとなりそうだ。また、一人で責任やリスクを負うことへの不安が大きく、一人ではできない、と考える人もいるため女性起業家への支援やサポートが手厚いことをPRするのも重要だ。また先輩起業家や起業家のメンター的存在と出会うことも、女性の背中を押すきっかけになるかもしれない。

などなど、詳しく分析しています。

詳しいレポートpdfはコチラ↓
レポートVol.36「起業って選択はあり?なし?」

アンケート結果に関するお問合せは、
「avanti働く女性研究所」まで
TEL:092-724-3226 E-mail : labo@e-avanti.com

【データご利用の際のお願い】
データの引用、出版・印刷物への転載に関しては、出典元を「avanti働く女性研究所調べ」と明記していただければ、基本的にご利用いただけます。また、ご使用に際しては必ず下記の「avanti働く女性研究所」窓口までご一報ください。
E-mail : labo@e-avanti.com

written by 編集部