2012 びっくり10大予想

BN-OD239_160523_GR_20160522203612アメリカの投資ファンド”ブラックストーン・グループ”のストラテジスト バイロン・ウィーンさんが、毎年”10大びっくり予想”を発表しています。

バイロンさんは、毎年はじめに「一般的には実現可能性は1/3未満と低いとみられているが 50%以上の確率で起こるだろう」と予想される「10の出来事」を発表しています。
的中率が高いため注目度も高く、ウォール街の風物詩になっています。

【2012年 びっくり10大予想】
1. シェールガス採掘を機に、原油相場が1バレル85ドルまで下落
2. 企業収益の拡大で、S&P500種株価は1400を上回る
3. 米実質成長率は3%を超え、米失業率は8%未満に低下
4. 大統領選はオバマ氏対ロムニー氏に。民主党は下院議席の過半数を奪回するが、上院は過半を失う
5. ECB、IMF、EFSFの協調で、欧州連合と通貨ユーロは崩壊を免れる
6. 東欧やアジアのハッカーが主要な国際金融機関を攻撃し、一時的に銀行が閉鎖する事態に
7. スカンジナビアやオーストラリア、シンガポール、韓国などの通貨が上昇する
8. 米与野党の議会が11月の大統領選の前に、今後10年間で債務1兆2000億ドル削減で合意
9. シリアのアサド政権が崩壊し、イランの孤立化を招く
10. 中国、インド、ブラジルなどの新興国の株価が15~20%上昇する

下記の2011年の予想を見直してみると,4つ程当たっています。
1. 原油は85ドル以下になる
2. S&P500は1400を超える
3. 米国GDPは+3%超、失業率は8%以下に
4. オバマ大統領はロムニー候補を破り再選される
5. ユーロ問題は解決され、銀行の破たんはは回避
6. コンピューターハッカーが主要金融機関を攻撃
7. スカンジナビア、オストラリア、シンガポール、韓国の通貨が買われる
8. 米国は向こう10年間で1兆2000億ドルの財政赤字を削減する
9. シリアのアサド首相は辞任に追い込まれる
10. 中国、インド、ブラジルの株価は15~20%上昇する

昨年は大きな地震があったり予想もできなかったことが起きた年でした。
今年は備えられるリスクにはできるだけ賢く備えていきたいものだとおもっています。
いいことをたくさん呼び込むチカラをつけられるよう
役立つ情報をお届けするセミナーを今年も開催していきたいと思っています♪
今年もよろしくおねがいいたします♪

written by yotsugi