平戸・佐世保・西海観光圏 宿泊覆面モニター調査

実施期間:2011年12月〜1月 参加者:27組58名

観光地や宿泊施設の魅力向上により地域内の滞在や交流を目的にした『平戸・佐世保・西海ロングステイ観光圏』では、域内宿泊施設や観光案内所の接客、地域の観光情報の提供能力を調査する「覆面モニター調査」をavanti働く女性研究所のメンバーから選出したモニターで実施した。
調査の内容、方法の段階から調査員の行程管理やアンケート調査集計を一環して行うことで、調査の信頼性、経費の効率化を図り、特に調査の偏差を最小化するために基準として、編集部スタッフも参加したことは有効となった。同観光圏では、今回の調査を活用し今後は、自浄効果が得られるような研修方法の確立を目指していく予定とのこと。

 

 

written by 編集部