Q.普通預金に500万円ほど預けています。いい運用方法ありますか?

4.4普通預金に500万円ほど、預けています。
 独身時代に貯めていたもので、当分使う予定はありません。
 ただ普通預金に入れたままではあまりにもったいないかなと・・・・
 なにか良い運用方法はないでしょうか?
  (家計とは別の資金で、緊急予備資金は別に準備しています)
 今まで「資産運用」とは全く無縁で
 幼少の頃よりこつこつ定期預金でお金を貯めてきたという感じです。
 初心者のため元本割れは避けたい思いが強いです。

【相談者・ヒヨコさん(31歳)】
  会社員、夫、長女3ヶ月

A.
31歳で500万円以上貯蓄があるヒヨコさんの貯蓄力は、はなまる◎です♪
  今、貯蓄ができない人が増えてきています。
貯蓄をもっていない世帯は全国平均で23%。30代で27%。40代で23%。
貯蓄をもっている30代の金融保有額の中央値は388万円、40代では600万円です。
良いペースで貯蓄できていると思います。
【 今後の運用についての要望 】
★ 元本割れしない
★ 早めに成果を出したい
★ 当分使う予定がない の3点で運用を考えてみます。

「低金利だとはいえ株式や投資信託のように、元本が保証されていないものには抵抗があるし、かといって銀行の定期の金利では物足りません。お金を増やしたいと思ってるけどどんな金融商品を選んでいいか分かりません。」というご相談をよくいただきます。
 例えば500万円を4年後の次回オリンピックまで預けた場合の利息は普通預金(0.04%)だと2000円しかありません。
仮に0.6%の運用で15万円、 1%で運用できれば20万円。 次のオリンピックを新しいテレビで楽しむことができそうです。 3%で運用できれば60万円も増やすことが可能です。 (単利運用、税金は考慮していません)
最近人気の外貨預金では、アメリカドルやユーロ建てはあまり魅力がありませんが、オーストラリアドル建ては2.8%前後の利回りのものもあります。
個人に人気の個人年金保険の場合、米ドル建で2.5%前後の運用が保障された上に死亡保険金も付いています。しかし為替のリスクがあります。
日本円だけで考えると、債券生命保険を活用することにより1%前後の利回りを得ることができますが、途中で解約すると元本割れの危険性もあります。

・・・残念ながら元本割れのリスクのないものはリターンも少なく、たくさん増やしたい場合はリスクも大きくなります。
リスクとリターンの関係をよく理解し、バランスよくお金に働いてもらう事が大切です。
投資信託や変額個人年金保険ではこの1年で10%以上の利益を上げたものが多く倍以上に増えたものもあります。リーマンショックのときは40%以上損したものも少なくありませんでした。

目的に合う金融商品の見つけるためには、お金にも目的をもたせて働いてもらいましょう。
 「守るお金」 =安全性を重視しいつでも使えるようにするお金
 「増やすお金」収益性を重視しある程度のリスクをとる代わりに将来的には大きなリターンを狙えるお金 
 「楽しむお金」人生をゆとりを持って楽しむお金 というように分けてみてはいかがでしょうか。
●資産運用で大切なこと
 ・目的を考える     ・分散投資をする  
 ・長期で考える     ・信頼できるアドバイザーへ相談する

お金持ちといわれる人や、お金を増やしている人は
お金に関心を持って、お金についての勉強をしている人です。お金持ちほどお金を大切にしています。
子育てと一緒、あわてなくても大丈夫!マイペースでいきましょう。マネープランをたてて余裕を持って運用していきましょう。お手伝いしますよ♪

N

written by エツコ