プレゼンで意識すること

皆さん、こんにちは。

株式会社チェースアンドインクリーズの宮脇です。

 

週末、百道浜でバーベキューをし

女性社員3人と一緒に

酔った勢いで服を着たまま海で泳ぎました(笑)。

翌朝起きてみると、腕や足をクラゲに刺されて真っ赤になっており

かなりビックリです!

 

さて、今回は「プレゼンで意識すること」というテーマでお話をさせていただきます。

私は研修や経営者の会で、大勢を前にプレゼンすることが多いのですが

普段意識していることをいくつかご紹介したいと思います。

 

1.気持ちを込める

やはり気持ちを込めることが大切だと思います。

具体的には大きな声で説明をします。

大きな声で話すことで、自分の中にある熱い気持ちが伝わるのです。

 

2.聞き手を巻き込む

大勢の聞き手を巻き込むために、私はよく質問をします。

例えば「営業の仕事が好きな人は手をあげて頂けますでしょうか?」

といった感じです。

1対Nのプレゼンは一方通行になりやすいのですが

質問をすることで双方向のコミュニケーションになるのです。

 

3.相手の理解度を確かめる

自分が話したことが理解されているかどうかは気になるところです。

私は説明の途中途中で

「いまのところまででご不明な点はありますでしょうか?」と

こまめに聞くようにしています。

この一言を挟むだけで、ずいぶんとプレゼン力が上がると思います。

 

他にもプレゼンで気を付けることはたくさんありますが

上記3つはぜひ意識して頂きたいと思います。

 

 

written by 宮脇伸二