サニークラウズ通信2016.09 先の見えない不安な時代に必要なのは 「自分の価値観」を確認すること。

1609sunny-clouds1

先の見えない不安な時代に必要なのは「自分の価値観」を確認すること。

いま、私たちを取り巻く世の中の状況は混沌としています。行き詰まる経済や不穏な国外状勢に、漠然とした不安や閉塞感を覚える人もいるでしょう。この、先が見えない不安な時代を生き抜くために、私たちには何が必要でしょうか。それは“選ぶ力”であり、“見極める力”です。溢れる情報の中には、どこか危ういものや胡散臭いものも混じっています。近づいてくるものを吟味できるかどうかが、いま、問われているのです。

日頃の自分にとって違和感を感じるような“異質なもの”は、時として漫然とした現状を変えることもあります。絵本「スイミー」に出てくる小さな魚のスイミーは、自分だけが仲間と体の色が違うことをうまく利用し、これまで大きな魚を恐れて動けなかった仲間たちが、自由に海を泳げるようにしました。変化のない日常に「よそ者、異質なもの」が入ってくると、はじめは反発や混乱などの波紋が起こりますが、結果として状況が好転することもあるのです。

情報社会の今、何が本物かを見抜くことは難しいかもしれません。ですが「見極めよう」とする姿勢が必要です。そして“選ぶ力”を養うには、自分の価値観を自分でよく知っておくこと。そうすれば様々な決断を迫られても、価値観に基づいて容易に選択することができます。あなたの得意なこと、不得意なことはなんですか? 好きなこと、嫌いなことは? 問いかけて、自分自身を確認することで、今まで気づいていなかったあなたの価値観が見えてくるかもしれません。絵本の世界からも、変化を見極め、対応する力を学ぶことができます。

1609sunny-clouds2

sunny-clouds_mm

1609sunny-clouds3

written by 編集部