夏風邪をひいたときの漢方薬。「銀翹散」(ぎんぎょうさん)ってなんだ!?

最近、のどの痛みや咳のひどい夏風邪が一部流行っているそう。

保育園に通う子どもたちから私もまんまとウイルスをもらってしまい、
こないだやらかしてしまいました。

でも、今授乳中なので、病院に行っても、
もらえる薬に制約があるんですよね。
セキがひどいけど咳止めがもらえなかったり。

それで悩んでいたとき、
ドラッグストアの薬剤師さんに
市販の漢方薬を上手に選ぶといいですよって教えてもらいました。

風邪のときの漢方=葛根湯(かっこんとう)
というイメージが強いですが、
実は夏場に流行る風邪の場合は
葛根湯以外のものがいいこともあるそう。

寒気はなくて、身体が熱っぽい、そしてのどが痛い、、、 という
私のそのときの症状に合った漢方薬、として
そのときおすすめしてもらったのが、
「銀翹散」(ぎんぎょうさん)という漢方薬でした。

これ、私にはけっこう合っていたみたいで、
症状に応じて、上手に漢方薬を使うのも手だな~と実感。

そこで今回は、風邪のタイプ別・漢方薬の選び方をご紹介!

●ゾクッと悪寒がする、熱の上がり始め、関節や肩こりなど節々が痛いとき(冬の風邪に多い)…
→葛根湯(かっこんとう)
味:あの独特の甘苦いような風味

●悪寒より発熱がひどい、のどが腫れて痛い、のどが渇く、頭痛がするとき(夏の風邪に多い)…
→「銀翹散」(ぎんぎょうさん)
味:劇的に苦い!!でも飲み慣れるとその苦さがのどの痛みに心地よくしみる感じ。

●たんがからんで咳がひどい、咳だけずっと続くとき(気管支炎や咽頭炎のときにも)…
→麦門冬湯(ばくもんどうとう)
味:香ばしくて甘い。葛根湯よりもずっと飲みやすい。

※詳しくは、漢方薬を処方してくれる病院の先生や
薬局の薬剤師さんに尋ねてみてくださいね

参照サイト

漢方薬の誤解! 葛根湯の正しい飲み方は?
http://allabout.co.jp/gm/gc/302612/

麦門冬湯(ばくもんどうとう)
http://allabout.co.jp/gm/gc/385736/

written by もも