‘大分県豊後高田市’日帰り旅のご紹介!

s_DSC_0177
大分県豊後高田市に9月、読者さんと行ってきました♪
豊後高田は宇佐神宮・弥勒寺に伝わった天台宗の実践の場として、九州では
いち早く仏教が栄えた国東半島に位置します。そのため希少な神社や寺院が
多く残っている地域。
そのいにしえのロマンを感じる豊後高田でまず訪れたのは、

九州最古の木造建築・富貴寺大堂(国宝)s_DSC_0144

s_DSC_0137 s_DSC_0142
富貴寺大堂(ふきじおおどう)は、近畿地方以外に所在する数少ない平安建築の
ひとつとして貴重な存在で、1952年11月22日に国宝に指定されました。
また、2013年10月17日には、富貴寺境内が史跡に指定されているという
希少なお寺なのです。
福岡からモニターツアーとして女性たちが訪れたということで地元のTVクルー
が取材に来られました。
http://www.showanomachi.com/spots/detail/139

s_DSC_0163 s_DSC_0161 s_DSC_0167
そばの名産地としても知られる豊後高田。今回は富貴寺大堂の傍らにある
竹林自然に包まれたそば処「旅庵蕗薹」へ。
s_DSC_0158
木造で大きな窓と大黒柱が印象的な店内。新鮮な地元野菜が中心の農家料理と
職人が打ち立てのそばでもてなしてくれる。大満足の昼食を頂きました。
s_DSC_0166
旅庵ということで離れの和室と炭酸水素塩泉の温泉もあり、
今度は宿泊で訪れたい宿。
http://ryoanfukinotou.com/rooms.html

午後からは、懐かしさと温かさが漂う昭和の町へ。 550mの通りに
立ち並ぶ昭和の店。駄菓子屋さんや薬局、お肉屋さんなど懐かしい店構
えと入ってみたくなる店内を散策。
s_bungotakada_022 

s_bungotakada_060

s_bungotakada_061
日程があえば人気のボンネットバスに乗ることもできるので、運行状況
を調べていくのもよおすすめです。

http://www.showanomachi.com/topics/detail/65

次に訪れたのは、昨年から観光スポットとして登場した恋叶トンネルです。
s_DSC_0185

s_DSC_0180
市役所のみなさんの一押しスポット。果たしてどんなところ??というと、
こんな写真が撮れちゃうスポットなんです。ちょっと恥ずかしいかな~
なんて思っていたけれど、彼と一緒じゃなくても、なんだかテンションが
あがっていろんなポーズで撮っちゃいました。^^

それから、チームラボ作品の国内で最初の常設展示場である「チームラボ
 ギャラリー」
へ。
s_DSC_0193 s_DSC_0190 s_DSC_0200
平成26年の国東半島芸術祭でチームラボが発表したデジタルアート作品を体感。
ギャラリーでは豊後高田に1年を通して咲く花々に包まれることができる。
う~んうまく伝えられませんので是非行ってみてください。 また、チームラボ
ギャラリーに入館するととってもかわいい超小型モビリティを無料レンタルできますよ。

http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_02418.html 

豊後高田の突端 長崎鼻  
s__02A8477 s_DSC_0216
鼻というのは岬の意味だそう。春は約2000万本の菜の花、夏は約120万本の
ひまわりが咲き誇る岬。
s_DSC_0242 s_DSC_0245 s_DSC_0247
s_DSC_0246
近くでは岬や海を眺めながらスイーツを食べることができるカフェやひまわり
の油でドレッシングを作る体験ハウス などができるオイルラボなどもあり。
s_DSC_0286

s_DSC_0277 

s_bungotakada_100
恋叶ロードの中心に位置し、是非お参りしたいのは粟嶋神社。女性の願いは
1つは叶えてくれる神社といわれていて最近は縁結びの神様として女性たち
に親しまれている。みんな、いつもに増して手を合わせる時間も永い。
s_DSC_0293 s_DSC_0300
 s_DSC_0290
真玉海岸の夕陽を見ずして豊後高田に来たとは言えません。「日本の夕陽百選」
に選定された真玉海岸。大分県で唯一水平線に沈む夕陽を眺められるスポット。
特に干潮と日没の時間が重なるときが絶景です。

秋深まるこれからの季節、色づく紅葉、恋も深まる、願いも叶う、食欲も増す^^ 
「大分県豊後高田」の旅。いかがですか?
太田県豊後高田市↓
http://www.city.bungotakada.oita.jp/

written by チュン