今どきの七五三‎事情

aa5449d20372e3d14db38e04a036607a_s

10、11月になると小さな子供がきれいな着物を着て、家族揃って神社を参拝している姿を見かけます。
我が家の子供達も7歳と3歳なので、兄弟一緒にお参りと記念写真を撮る予定です。
いざ、七五三を祝う!と意気込んでも、一体何をすればいいのでしょうか。
神社への参拝と写真屋さんで家族写真を撮るぐらいしか思い浮かばないので、友人に聞いたり、インターネットで調べてみました。
特に「わからない」と話題に上がったものをいくつか載せました。

七五三とは?

子どもが無事に成長したことをお祝いする家庭行事のひとつです。
乳幼児の死亡率が高かった昔は、七歳までの子供は神の子とされ七歳になって初めて社会の一員として認められました。明治時代になって現代の七五三として定着しました。

七五三の祝い方は?

子どもが無事に成長したことをお祝いする家庭行事のひとつで、お祝いする気持ちがなにより大切です。
一般的には、家族で写真撮影、神社で参拝、家族で食事が多いですが、何をするか、いくらかけるかは、それぞれの家庭の考え方でいいです。有名神社まで出かけなくても、近所の神社でいいですし、家族そろってお食事会など子どもの成長をお祝いしてあげましょう。

数え年か満年齢のどちらでお祝いすべき?

昔は数え年、現在は満年齢が一般的です。
昔は、生まれた年を一歳として計算する「数え年」で行われていましたが、現在は生まれた翌年の誕生日を一歳とする「満年齢」で行われます。が、どちらにもこだわらずにお祝いしても大丈夫です。


七五三とは、家族で子どもの成長を祝い、これからの成長をお祈りする行事だったのです。
神社参拝後は、両親と一緒に食事会を開き、お食事やおしゃべりを楽しむ穏やかな時間を過ごすのもいいですね。

written by よろづや

参考・引用サイト
All About(七五三Q&A!今さら聞けない七五三の基礎知識)

written by 編集部