【特集記事】めざめよ、着物!和の文化に親しむ2017

福岡の女性起業家たちが注目する着物とは?

img1701_kimono16

2016年11月に福岡市内で行われたファッションショー。会場は120名の参加者で、立ち見がでるほどの賑わいだった。

ドレス感覚で5分で身にまとえる着物

 いま、福岡の女性起業家たちのなかで、話題になっている着物ブランドがある。着付けができなくても洋服のように5分で身に付けることができ、プロが着付けたように着姿も美しく崩れない。ネットに入れ洗濯機で丸洗い、洋服ハンガーに掛けて乾かし、そのままノーアイロンでクローゼットに収納できるというスグレものだ。

 この着物を開発したのは和装デザイナーの井上智子さん。海外留学をした娘のために、「なんとかして着物本体に着付けの技術を入れられないものか」と思ったのが開発のきっかけだそう。長年、一流ホテルで専属の婚礼着付師をしていた経験から、すぐに着崩れたり、安っぽく見えるものは作りたくなく、完成までには実に10年をかけたという。

「美しい和装の日本人女性が歩く風情は、さながら動く日本ミュージアムだと私は思っています。日本よりも着物を着たいと思う環境にいながら、着ることができない海外在住の日本人に着て喜んでもらいたいという思いで作りました。それが、忙しくても和装でブランディングアップしたいという、国内外で活躍する女性起業家の皆さんにも評価してもらえるのはうれしいですね」。昨年、今年とミスワールド世界大会の日本代表に衣装提供し、来年はNYでのファッションショーを控えている。これから大きく展開しそうなブランドだ。

img1701_kimono17

img1701_kimono18

和装デザイナー、WASOMI代表
井上智子さん

長襦袢衿と着物と帯の型紙に着付け技術を入れてデザインすることに10年かけて成功。


WASOMI DRESS KIMONO 101
http://wasomi.co.jp/
092-517-1039

written by 編集部