性犯罪から自分の身を守ろう。

2月4日(土)まなびとESDステーションで、

「目からウロコの護身術セミナー&防犯ブザーデコ」イベントをしました。

これは、性犯罪の現状や対策のポイントを知り、

護身術を身につけ、自分で身を守ろうというもの。

元県警OBやガーディアンエンジェルスの、実際身近におきた事件の講話は、ドキッとして参加者からも驚きの声が。身が引き締まりました。

 IMG_6339

・暗いところを歩かない

・イヤホンをつけて音楽を聞きながら歩かない

・携帯やスマホを操作しながら歩かない。

・飲食店で席をたって戻ってきたら、新しい飲物を注文する(睡眠薬など入れられる危険性がある)

・カラオケでトイレに立つときは、一人で行かない(受付から離れて見えない位置にあることが多いため)

・一人カラオケで突然侵入されたら、インターホンをはずしぶらさげたままで大声を出す。

 

など気をつけるポイントを学びました。

次に簡単な護身術を学びました。

ガーディアンエンジェルスによる見本は迫力がありました。

IMG_6344 IMG_6349

 

・腕をつかまれたときは、相手の親指とその他の指の間の、離れている部分のほうへ腕を抜く

・後ろから抱きつかれたときは、腰をかがめてすり抜ける

 

などなど、参加者は実践を通して何度も繰り返し練習しながら学びました。

でもとっさのときにこれができるでしょうか。

大きな声も出せるでしょうか。

日ごろから練習が必要です。

最後には防犯ブザーを好きなように飾りつけをして、持ち帰りました。

ブザーをつけているだけで、犯罪意識が薄れるのです。

 

どうか少しでも性犯罪が減り、安心できる暮らしが送れますように、

誰もが意識を持って防犯につとめてほしいですね。

 

安全まちづくり部@きたきゅうfacebook

https://www.facebook.com/anzenkitaq/

朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK243QBTK24TIPE008.html

written by ちりこ