福岡県のワーキングマザー事情 ”仕事と育児の両立”実態調査アンケー

研究所レポートvol.20「福岡県のワーキングマザー事情」

情報誌アヴァンティの読者コミュニティ「avanti働く女性研究所」では登録メンバー(平均年齢35.5歳)のうち、働きながら子どもを育てるワーキングマザーを対象に、仕事と育児の両立の実態を探るべくアンケート調査を実施しました。

 

 

 

「夫との家事・育児分担の割合は?」との問いに対して
夫:妻の分担割合は、
家事は、妻8:夫2、育児は、妻7.5:夫2.5

家事・育児負担の多くが働く妻にのしかかっている現状が明らかになりました。

他にも、育児経験が仕事スキルのアップにも役立っている、という結果や、
仕事と育児の両立のための様々な工夫など、
ワーキングマザーの様々な声をレポートしています。

>>アンケート結果をまとめたPDFはこちら!

written by 編集部