北九州空港から行く韓国の女子旅

小倉駅~北九州空港間は、バスで約30分、片道620円。
北九州⇔仁川、北九州⇔釜山便が好評運航中!
LCC(格安航空会社)ジンエアーの就航を記念して、アヴァンティ「韓国好き女子部in北九州」の真の韓国ツウな2人にこだわりの釜山&ソウル旅を紹介してもらいました!

2017_04_p21_02

北九州 ⇔ 釜山まで50分

kitakyu-drive_pu「大人向けセレブな釜山・海雲台地区にはまってます!」

舩越 悠佳(ふなこし ゆか)さん(37)
「韓国好き女子部in北九州」部長。多いときは月に2回、晩ごはんだけ食べに釜山へ行くこともあるという大人旅の釜山通。

一押しグルメ

韓国のうまいモノの中でもっともおすすめなのが「オギョプサル」と釜山ならではの「貝鍋」。ぜひ召し上がれ!

kitakyu-air_p01

オギョプサル
サムギョプサルが好きすぎて食べ歩きつくした私が最終的にたどり着いたのは海雲台で食べたオギョプサル。本場の味。焼き上がりの色と香りが違います!

kitakyu-air_p2

釜山ならではの貝鍋
活きたあわびや、生きたタコのぶつ切りも日本ではなかなか見ることができない光景。旨みがしみ出たお出汁。最後の最後まで飲み干します!

カフェめぐり

カフェ大国の韓国にはハイセンスなカフェがたくさん。日本では見たこともないかわいく斬新なスイーツも多いです。

kitakyu-air_11

kitakyu-air_12

イチオシは海雲台の月見の丘
セレブの集まるカフェが最高にくつろげました!果肉たっぷりのグレープフルーツティーでビタミン補給。

夜を楽しむ

釜山で夜遊びしないなんてもったいない。大人な夜を過ごすには海雲台から広安里の海沿いのバーがおすすめ。目の前は白浜ビーチ。波音を聞きながら美味しいお酒をぜひ楽しんで!

kitakyu-air_p03

対岸にのぞむマリンシティの夜景がとてもきれい!

美容

kitakyu-air_17美容大国の韓国。エステ、コスメともクオリティが高くコスパも抜群! 私のおすすめは「朝スパ」。夜景も綺麗ですが、朝陽が昇るのを見ながらお風呂に浸かるのが最高。垢擦りは必須です! 

北九州 ⇔ ソウルまで85分

kitakyu-drive_so「韓国でしか味わえないご当地グルメが大好き!」

大賀 愛美(おおが まなみ)さん(29)
韓国料理が食べたくて、2〜3カ月に一回は必ずソウルへ。5年間でソウルを訪れた回数は20回のソウル通。

地元グルメ

韓国でグルメといえば焼肉が定番ですが、いま私がはまっているのは地元の人が好んで食べている餃子と中華♪ 日本のとは味が違いますよ~。

kitakyu-air_06

◀韓国中華の中で私のおすすめは「酢豚」と「ジャージャー麺(写真)」。日本より甘くて味付けがはっきりして癖になります♪ 中華店を見つけたら入ってみてね!

kitakyu-air_05

▶「明洞餃子」。肉がぎっしり詰まった行列必至のご当地グルメです。いつも仁川空港から明洞餃子に直行。これを食べに韓国に行っているといっても過言ではありません!

kitakyu-air_07

◀弘大駅前周辺でひとり焼肉はいかが?韓国人は一人でご飯を食べないため、注文は2~3人分が一般的。クラブやゲストハウスの多い弘大駅前周辺には、ひとり旅に嬉しい店がたくさんあります。

韓国を感じる

ソウルには韓国の伝統家屋・韓屋が密集しているエリアがいくつもあります。韓国情緒を感じたい人には必須!

kitakyu-air_08

▶「三清洞」は韓国王朝時代の王宮に隣接し、かつて貴族が暮らした町。韓屋を改造したお洒落なカフェやレストラン、個性派ショップも多く、新旧が溶け合ったレトロな街並みを楽しめるよ。

街歩き

ソウルには観光客にもっとも知られた「明洞」以外にも、個性的エリアがいっぱい。私のおすすめは「梨泰院」と「弘大」。昼間はショッピング、夜はバーやクラブでさらににぎやか!

kitakyu-air_09

◀梨泰院は外国人向けのショッピングエリアとして発展し、最近はレストランやカフェが集まったストリートが新名所として人気!イケメンの外国人モデルに出会う楽しみも♪

仁川が熱い

仁川空港からすぐにソウルに直行する私ですが、昨年韓国人の友人から案内された仁川はすばらしかった。ジャージャー麺の発祥のチャイナタウンや数々の島、高層ビルが立ち並ぶ松島など見どころがいっぱい。

kitakyu-air_10

▶松島セントラルバーク。60階を越える超高層ビルが立ち並び「韓国のドバイ」とも呼ばれている。夜景もきれい!

2017_04_p21_01

各種キャンペーンやお得な旅行情報は

北九州空港利用促進連絡会
TEL/093-582-2308(北九州市空港企画課内)
kitakyu-air_18

written by 編集部