iDeCo? えっ、みんな やってるの?

p012_001

アタシ、イデ子、36歳。今までそこそこ仕事も遊びも楽しくやってきたけど、最近、将来のお金のことが心配になってきてる。貯金はしてないわけじゃないけど、結婚した友達や、会社の先輩は資産運用やNISAとか始めているらしくって、不安になってきた。これはいよいよ詳しい人に聞くしかない。教えなさいよ、こないだ合コンをセッティングしてあげた吉弘くん、松浦くん!

p012_002

イデ子
36歳/営業事務で年収は380万円。独身で1人暮らし。
パーッと遊んでいるように見られるが意外と堅実派で毎月貯金はしている。だが、お金のことはあまり詳しくなく銀行への定期預金のみ。

吉弘くん(右)
33歳/趣味は旅行とサウナ。
松浦くん(左)
28歳/趣味はテニスと読書(マンガ)。
イデ子に何度か合コンをセッティングしてもらっているが、なかなか彼女ができない西日本シティ銀行の独身コンビ。

p012_003

p012_004

p012-005

 

p012-006

iDeCoは「個人型確定拠出年金」の愛称です。あまり知られてないようなのですが、実は節税しながら、積み立てができるお得な積立投資の制度なんです。昨年までは加入に条件がありましたが、今年1月から公務員や専業主婦などにも対象が広がって、原則60歳未満のすべての方が利用できるようになりました。
※現在ご加入されている年金制度によって、限度額が異なります。

p012-007
p012-008

 

 

一番の魅力は「節税効果」ですね。積立した年の所得税と翌年の住民税が軽減されます。ご自分の節税額を知りたい人はウェブでシミュレーションもできますのでお試しください。積み立ては月5,000円からできます。
また、利益や利息に税金がかからないのもポイントです。定期預金の利息や投資信託の値上がりには、一般に約20%が税金として引かれますが、iDeCoではその税金がかかりません。受け取るときにも税負担が軽くなる優遇制度があります。

p012-010

※年間手数料が別途5,844円かかります。
※現行の税制に基づいており、税率は将来変更となる可能性があります。
※個別の税務取扱い等については(顧問)税理士や所轄の国税局・税務署等にご確認ください。
※復興特別所得税は考慮していません。


p012-011
p012-013※試算結果は、あくまでシミュレーションであり、実際の金額とは異なる場合があります。
※通常かかる税金は、運用益に対して20%課税される前提で計算しています。
(復興特別所得税は考慮していません)

放っておいても減税された分預金が増えるようなものね。月5,000円からなら始めやすいかも・・・

p012-014

 

p012-015

 

 

 

iDeCoは通常の投資信託よりも手数料が安かったり、税制優遇が魅力的なため、効率的な積み立てができたりと、他の資産運用にはないメリットがあります。注意すべきは60歳からしか受け取れないこと。ただそのぶん、確実な老後資産となってくれます。

p012-016p012-017
iDeCoのことは西日本シティ銀行に相談してください!

今は寿命も伸びているし、老後の資金が年金に頼れない時代。ただ普通に預金することと比べ、iDeCoを活用すると多くのメリットが期待できます。西日本シティ銀行では、今年の4月から働く女性の将来設計を力強くサポートする「恋するiDeCo」をご用意しています。どうぞ気軽にお問合せください。

p012-018

p012-019

受付時間 月~金/9:00~21:00、土・日/9:00~17:00
自動音声でなく、最初から証券外務員、DCプランナー資格を持ったオペレーターが対応します。
0120-024-401

p012-020

p012-021https://www.ncbank.co.jp/tameru/ideco/

p012-022
●投資信託は預金商品ではなく、元本の保証はありません。●投資信託の基準価格は、組入れ有価証券等の値動きにより変動するため、お受取金額が投資元本を割り込むリスクがあります。外貨建て資産に投資するものは、この他に、通貨の価格変動により基準価格が変動するため、お受取金額が投資元本を割り込むリスクがあります。これらのリスクはお客さまご自身が負担することとなります。●投資信託は預金保険の対象ではありません。当行が取り扱う投資信託は、投資者保護基金制度は適用されません。●当行は投資信託の販売会社です。投資信託の設定・運用は運用会社が行います。●投資信託をご購入の際は、最新の目論見書を必ずご覧いただき、内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。●お客さまにご負担いただく手数料等の概要は、次の通りとなります。(税込み)[申込手数料(申込金額の最大3.24%)、信託報酬(信託財産の純資産総額に対して最大年率2.16%)、信託財産留保額(換金約定日の基準価額の最大0.5%)およびその他の費用(運用状況等により変動し、予め料率、上限額を示すことができません)]がかかります。なお費用の合計額は、申込金額、保有期間、運用状況により変動するため、事前に表示することはできません。●一部お取扱していない店舗もございます。

《商号等》株式会社西日本シティ銀行 登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第6号 《加入協会》日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会

 

p012-023

written by 編集部