【No.1】人生の転機が来た! ~今が死の時だとしたら あなたは何を伝えたいですか?

読者の皆さま ご機嫌様です。
そして はじめまして 
吉良徳子と申します。


ライティングのお仕事は夢の1つでした。
大好きなavanti様からデビューできるなんて
大感激です! 大感謝です!
このお役目をいただいたのは 私にしかできない使命が
あるからだと思います。

いま自問自答を繰り返し もがいているかもしれない読者さま
がいらっしゃるのであれば その方に向かって
私の自立への挑戦 未来への挑戦のこのコラムが
届きますように綴ってまいります。(一緒に一歩前に
進みましょう♫)
そして
他の読者の皆さまへは 記憶に残るお役立ち情報を投稿
できるよう努めます。


avanti様とのご縁は 雪蛙卵油のサプリのモデル
のお仕事をさせていただいた時から始まりました。
(雪蛙はシンガポール・香港マダムにはツバメの巣と同格です。
スペシャル・アンティエイジング食材なのです)
写真(63)
私の人生の転機は avanti様が度々はこんで
下さいました。
上記のモデルのご依頼をいただいた頃の私は
愛犬が他界したばかりの上
腰を痛めて所属していた事務所を辞め
フリーの時でした。
フリーといえばカッコ良く聞こえますが
この時の私は 全くやる気ゼロで
ただ時の流れに身を任さていました。
(蛙ちゃんにも救われました♫)


『今の徳子ちゃんは大丈夫。後悔ないよう自分の人生を生きなさい。』
『私は幸せな人生だった。何も思い残すことはないの。』
と笑顔で2016年3月 母はこの世を去りました。
2015年8月に父を亡くしたばかりだったのに。。。

私の世界から光が消えました。

あの当時の私は 恐ろしい程の絶望と孤独と喪失感 
と一緒に グルグルグルグル洗濯機の中で泳いでいる
かのように絡まっていました。

現実逃避するために故意に忙しくして
ピエロのようにふざけて過ごしていました。
泣けない時期でした。


そんな時です。
福岡市主催の海外研修に行きませんか?
と声をかけていただきました。
募集〆切前日の夜の出来事でした。

私は飛行機が苦手です。
気圧の変化に体が対応できないからです。
海外には20年ちかく行っていません。
なのに。。。
『行きたい!』
と知らない顔の私が声を上げました。

素の私が表にでてきた瞬間でした。

『自分の人生を生きなさい』
母の言葉が聞こえました。
私の背中をやさしく押しました。


友人達が次々と海外に進出します。
確実に成果をだしていきます。
『すっごい!』
『カッコいい!』
いつも私は応援してきました。
心を込めて応援してきました。
でも 心の底では。。。
『いいな』『羨ましいな』『私も海外で認められたい』
とモヤモヤした気持ちでいっぱいだったのですね。
蓋をして見ないふりをしていました。 
得意の現実逃避。。。

ずっと もがいていたのでした。


素の私が聞きます。
『ねぇ いま死ぬとしたら後悔ない?』
心がえぐられますね。
『死ぬ時に満足だったなんて言えないよねぇ?』
プシュ!(心から血がにじむ音)


読者の皆さまは如何でしょうか。
私の母のように満足と言えますか?

今の私は『半分は満足かな♫』
と言います。

それは サンフランシスコでフォトグラファーの自信を得たから!
avanti様よりコラムの連載をする機会を頂いたから!
そして
大好きなジュエリーのデザイナーになれたから!
IMG_4954 (1)
↑上記画像はイメージ画像です。
(私の作品は次号に投稿予定です♫)


両親が神様にお願いしてくれたのかもしれないですね☆
最後まで読んでいただき有難うございました。
次回は私 吉良徳子について綴らせていただきます。
その時まで
皆々さまが心穏やかに過ごせますようお祈りいたします☆


のん

IMG_4890
デザインのメモ

written by 吉良徳子