日帰りでのんびりめぐろう! 日田と湯布院オススメスポット6選

歴史ある街並みが残る日田市豆田町と、全国的に知られる温泉街・湯布院へ読者モニター・カメラマンと行ってきました!
車で2時間もかからず行くことができるので、週末に思い立っていくのもよし、じっくり計画を立てていくのもよし。
特にオススメの場所6つをご紹介します。

 

豆田町の歴史を見つめる国登録有形文化財
岩尾薬舗 日本丸館

s_日本丸館

安政2年から「日本丸」という薬を製造していた薬屋。資料館には多くの薬や家財道具の展示が。江戸時代から昭和初期にかけて増改築を重ねており、入り組んだ建物内を歩くのもおもしろいです。なんと2階にも庭があります。

s_これ?

当日作られていた日本丸。「ふしぎによくきく日本丸」と宣伝され、多くの著名人に愛用されていたのだそう。(今は服用できません)

s_20170924_oita-157

秋の開館中は十五代岩尾昭太郎の金婚式の再現をしています。どこからか金木犀の香りも漂っており、風通しがかなり良いです。建物の仕様が歴史あるかたちなので、外国人観光客にも評判がよさそう!

s_使えれば

施設の最上階は、豆田町が一望できる展望台になっています。なにも阻むものがないのでとても空が広く見えます。ガラス張りの展望台が気持ちいい!

 

岩尾薬舗 日本丸館
【住所】大分県日田市豆田町4-15
【開館時間】10:00~16:00
【開館期間】※閉館中の入館希望の方は問い合わせを
・春の一般公開2月15日~5月
・秋の一般公開9月~11月
【入場料】大人:350円 小中高生:250円
【HP】http://www.iwaoyakuho.com/index.html
【Tel】 0973-23-6101

 

日田発のデザイングッズが揃う
Areas(エリアス)

s_エリアス

日田の木材で作られた、家具や雑貨を販売しているショップ。日田の家具に魅せられて福岡から移住してきたというイケメンのオーナーが経営しています。デザイン性の高いグッズばかりで、全部欲しくなってしまうほど。ストラップやクリップなどお土産におすすめな商品も揃います。

s_てる坊てるてる坊主がモチーフのグッズが人気。柄の部分に穴が空いている傘を見て、何かあればというところからヒントを得て作ったのだそう。私もひとつ買って帰りました(笑)

s_IMG_1545店内には工夫を凝らしたグッズが多く、目移りしてしまいます。木のカップやコースターなどはなかなかお目にかからないのでは?

s_IMG_1548

もちろん日田下駄もばっちり揃っています。おしゃれなデザインで足元から華やかになれそうです!

 

Areas(エリアス)
【住所】大分県日田市豆田町7-20
【営業時間】
9:30~19:00
【定休日】不定休
【HP】http://sofaderelax.free.makeshop.jp/
【Tel】 050-1048-7757

 

歴史ある酒造の秘密を探る
薫長酒造・薫長酒造資料館

s_20170924_oita-3

300年の歴史がある酒蔵で、今も実際に酒造りを行っている『薫長酒造』。隠れ家のような酒蔵の資料館になっていて、事前に連絡をすれば、薫長酒造の歴史を聞くことができます。
創業当初のお話から受賞してきた数々の賞のお話まで聞き所がたっぷり!

s_薫長酒造写真

蔵の2階にあり、灯りは少ないのですが、それがまた雰囲気がある!実際に使っていた道具が蔵いっぱいに展示されています。ねこ・たぬき・きつねという道具があるので探してみて!

s_20170924_oita-8資料館を見学したあとは、購入・試飲のコーナーへ。綺麗なお酒のビンがずらりと並びます。種類も多くどれも試したくなりますが、飲み過ぎにはくれぐれもご注意を。

s_20170924_oita-67

清酒「豆田」は、昔なつかしいアンティーク風のボトルがオシャレ!お土産などにも人気だそうです。上質の酒米で仕込んだ少し辛口で旨味のあるお酒。

s_20170924_oita-66

酒が飲めない人には甘酒も。お米の粒が残っており、飲むよりも食べるに近い甘酒です。柚子は九州産のものを使用しています

s_20170924_oita-60吟醸アイスクリームスイーツも充実。こちらもお酒が飲めない人も安心して食べることができます。赤米の食感が楽しい!

 

薫長酒造・薫長酒造資料館
【住所】大分県日田市豆田町6-31
【営業時間】9:00~16:30
【HP】http://www.kuncho.net/
【Tel】 0973-22-3121

 

お昼はここで! MUGIYA CAFE

s_20170924_oita-199

外観がとてもおしゃれなカフェでランチをはいかがでしょうか。ここでは日田の食材を使った日田っこライスやカレーパンのセットなど、お昼にぴったりなランチがいただけます。

s_日田っこ

日田っこライスセット(900円)。ピリッとしたゆずごしょうのアクセントが食欲をそそります。

s_20170924_oita-216セットの梨のソフトクリームも味が濃くて美味しい!

 

MUGIYA CAFE(麦屋カフェ)
【住所】大分県日田市豆田町9-2
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】木曜日(祝日の場合は営業)
【Tel】 0973-28-5582

 

湯布院に現れたイギリスの街並み
湯布院フローラルビレッジ

s_フローラル

世界一美しい村ともいわれるイギリス・コッツウォルズ地方の街並みを再現したアミューズメント施設。とてもフォトジェニックなスポットが多く、カメラを構えている人が多い!山に囲まれた湯布院の地形とイギリスの地形が似ていることから、作られたそうです。

フローラルビレッジの外周にそって小さなお店が並んでいるのですが、真ん中にあるのは「フクロウの森」。何とこの中ではフクロウと触れ合うことができるのです!(別途料金必要)

s_20170924_oita-250

夜行性のフクロウなのでちょっと眠そう・・・?ですが、とてもおとなしく枝に止まっています。優しく頭をなでるとゆっくりと目をつぶってちょっと気持ち良さそう。

s_20170924_oita-241

これを見るだけでもかなりの癒しです。さまざまな種類のフクロウがいるので、いろいろなフクロウと触れ合ってみてください。

 

そしてもう一つ動物と触れ合えるエリアがあります。それがこちらの猫カフェ。(別途料金必要)

s_20170924_oita-266

不思議の国のアリスのチェシャ猫が住む森をイメージして作られ、ベンガルキャット(ヒョウのようなスポット模様が特徴)専門の珍しい猫カフェです。中では動き回っていたり寝ていたりと自由奔放な猫たちがとても可愛い!

s_20170924_oita-267

s_20170924_oita-272

他にも触れ合えるフクロウや猫以外にも、ヴィレッジ内に住んでいるウサギやリスなども間近で見ることができます。

 

動物とのふれあいだけではなく、テーマエリア「アルプスの少女ハイジの泉」も見所。ここは2017年9月にできたばかりのエリアです。
s_20170924_oita-277

ハイジの常設店舗・施設ができたのは九州初!

s_20170924_oita-275

ハイジのグッズショップや撮影エリアはもちろんのこと、(かなり大きくなった)ヤギのユキちゃんもいます。えさやりもできるので、子どもにも喜ばれそうですね!

 

湯布院フローラルビレッジ
【住所】大分県由布市湯布院町川上1503-3
【営業時間】9:30 ~ 17:30
【HP】http://floral-village.com/
【Tel】0977-85-5132

 

ゆったり癒されるスポット 金鱗湖

s_20170924_oita-294
温泉と清水が湧き出る不思議な湖。湖の魚の鱗が夕日に輝くのを見て「金鱗湖」と名付られたといわれています。

s_20170924_oita-298

驚きはその透明度!悠々と泳ぐ鯉や小魚をあちこちで見ることができます。どんな魚がいるのか探してみるのもおもしろいかも。見れば見るほど、色々な魚が見れますよ。

s_金鱗湖

そしてこの時期にちょうど綺麗だったのが、湖面に映った由布岳。青々とした由布岳と湖畔のレストラン、そしてアヒルがベストバランス!(笑) 海外の人にも人気らしく、日本人と同じくらい外国人観光客がいて、日本の風景はやっぱり人気なんだと痛感しました。

 

金鱗湖
大分県由布市湯布院町川上1561-1

 

この秋は大分県へ行こう!

日田・湯布院のオススメスポット、いかがでしたか?
少し涼しくなってきて、お出かけするにもぴったりな季節!
車で気軽に行けちゃう大分県へぜひ遊びにいってみてくださいね☆

 

\「#大分取材ツアー」で投稿しています!/
今回取材をしてきたメンバーが、それぞれインスタで写真を投稿しています。「#大分取材ツアー」で検索して、モニターメンバーから見た日田・湯布院の魅力を覗いてみてください!

 

大分の観光情報は「大分県観光情報公式サイト」でゲットしよう!
ツーリズムおおいたでは大分県のさまざまなエリアの観光情報を掲載しています。大分観光する前にはコチラをチェック! ディープな情報が手に入るかも!?
https://www.visit-oita.jp/

 

 

written by ラピス