鹿児島ディープスポット~南さつま市編~

爽快! 南さつまの
海沿い&街中サイクリング

ファイル_000 (4)自転車を活用した観光に力を入れている南さつま市。本格的なロードバイク(マウンテンバイクもあり)やスマートで見た目もかっこいい電動自転車まで充実したレンタサイクルはもちろん、サイクリング道も整備されていて、初めての人でも安心して楽しめます。
私たちは、『サイクリングターミナル・りんりん』をスタートして日本三大砂丘・吹上浜の自転車歩行者専用道路、万之瀬川河口にある全長405mの壮大なサンセットブリッジを通り、加世田麓へ。サンセットブリッジは夕日の名所としても知られていますが、青空のもと、橋から広い万之瀬川を眺めるのも爽やかな心地がしました。その後、住宅街や田畑の間を縫うように走り、加世田麓へ。

DSC_0128DSC_0187

梅雨の時期は紫陽花の花が咲き誇る、街の一角にある階段

梅雨の時期は紫陽花の花が咲き誇るという階段

どこか南国風の仁王像

どこか南国風の仁王像

加世田麓は薩摩藩の外城(知覧ページで紹介)で、100年以上前の郷士の民家が残る、歴史を感じる街です。水路に沿うように立派な門構えの武家屋敷が並び、どこか愛嬌のある仁王像や、梅雨の時期には紫陽花が咲き誇る小路など、心がほっこり和むような場所がたくさん。

そんな街の一角に、もともと医院だった建物を利用したカフェ&ギャラリー「poturi(ポツリ)」が。

DSC_0144DSC_0152

ここがまたレトロで、店内に並んでいる手づくり雑貨も女性の心をくすぐるものばかり。西郷さんラベルのかわいらしいコーヒーなんかもあって、お土産にもぴったりです。カフェでは、りんごのホットケーキなど季節を取り入れたスイーツを楽しむことができるので、ひと休みスポットにおすすめです。DSC_0161DSC_0166

街の雰囲気を五感で感じられるサイクリングde南さつまめぐり、秋はますます素敵な景色に出会えそう。あなたもいかが?

サイクリングターミナル りんりん
TEL/0993-53-8739
住/南さつま市加世田高橋1952-2
営/9:00~17:00
休/12月31日
レンタサイクル…200円/2時間
電動アシスト・クロスバイク1,000円/4時間
※予約不要

カフェとギャラリー poturi
TEL/0993-52-7855
住/南さつま市加世田武田18278-1
営/11:00~18:00 休/日曜、祝日 ※Pあり

しっとり大人旅を楽しみたいなら、南さつま海道八景めぐり

自然が織りなす絶景をたっぷり堪能したいなら、南さつま海道八景めぐりもおすすめ。絶景ポイントには駐車場もあるので、ゆっくり景色が楽しめますよ。

笠沙美術館から見る沖秋目島

笠沙美術館から見る沖秋目島

後浜展望所このあたりは全体的に急峻な地形なので、途中、片側1車線のちょっぴりスリリングな道を通ったりもするんですが、その分、眼前に迫ってくるような大パノラマは見ごたえありです。

近いところに、100万個もの石を積み重ねた石垣で家々をつないでいる集落「大当石垣群の里」や、海外との貿易で栄えた港町「坊津」などもあり、歴史を感じる独特の風景に出会うこともできます。

南さつま市海道八景の情報はコチラ

DSC_0361

そして、わざわざ泊まりにいきたいと思わせる宿が、この海道八景めぐりの途中にあります。
その名も『笠沙恵比寿』。古風な名前に反してモダンな建物です。部屋からの眺めが素晴らしい宿とは噂に聞いていたのですが、他にも素敵だなと思うところがいくつも。まずお部屋。客室がオーシャンビューなのですが、海際に立っているだけに窓から海が近く、朝は漁に出る船が目の前を通り過ぎていきます。漁村の日常を垣間見ているようで、絶景というよりはどこか心が和む風景です。

DSC_0378DSC_0366

そしてお料理。見た目も華やかで心躍るんですが、刺身はぷりぷりで甘みがあり、揚げ物も衣はさくっと軽く、素材の食感や味わいをいかした料理はどれも美味しかったー!スタッフの方のホスピタリティも十分で、また来たいという気持ちになりました。

ファイル_004 (2)

ファイル_007 (2)

地元の人でも抽選でしか手に入らないというレアな焼酎

地元の人でも抽選でしか手に入らないというレアな焼酎


笠沙恵比寿
TEL/0993-59-5020
住/南さつま市笠沙町片浦14847-1
宿泊料金(1泊2食)…12,500円~

 

written by