アドベントキャンドルって知ってる?

キャンドルというとどんなイメージがありますか?

特にクリスマスとなると、キャンドルを持った聖歌隊がやさしい歌声でうたい、あたたかみのある雰囲気が感じられます。

円形につくったクリスマスリースに沿ってキャンドルを4本、真ん中に1本たてた、アドベントキャンドルをご存知ですか。アドベント・クランツとも言うそうです。

dde94feccfe9032b77d6f6ea06137b19_s

「アドベント」=日本語で「待降節」、わかりやすく言えば、キリストの誕生を待ち望む期間のことです。

具体的には、12月25日の4週間前の日曜日から24日までの期間をアドベントと呼ぶそうです。1週目に1本目のキャンドルに灯をつけ2週目に2本目に灯をつけ、4本までいってクリスマスイヴか25日に真ん中の1本に灯をともします。

 

アドベントキャンドルの意味

キャンドルの1本1本にその意味が込められています。

1本目には「希望」

2本目には「平和」

3本目には「喜び」

4本目には「愛」

の意味があるそうです。

また、1、2、4本目には紫のキャンドルを使い、3本目は薄いピンク、最後は白のキャンドルを使うのだそうですが、白いキャンドルに紫やピンクのリボンを結んだりもしています。

このキャンドルの光にも、「世を照らす光」「キリスト」の意味が込められているそうです。なかなか深い。

キャンドルの光をじっと眺めていると、こころが落ち着いてきませんか?近づくクリスマスを楽しみに待つ毎週毎週は、こどもたちだけでなく大人にとってもワクワクする、そんな気持ちにさせてくれそうです。

ね、ちょっと楽しみになって来ました。今年は自分でオリジナルのクリスマスキャンドルやリースを作ってみるのも楽しいですね。

クリスマスプレゼント応募企画 5つ目のキーワードは「」!
24個のキーワードを集めて応募しよう!

明日の記事は「ドトールコーヒーの数量限定 クリスマスミルクレープ」

※12月6日(水)公開

written by ちりこ