本屋さんがオススメする、クリスマスに贈りたい本

 プレゼントと一緒に贈られると嬉しい絵本や図鑑、しかけ本etc…。子どもたちも、大人にも、喜んでもらえるような、クリスマスに贈りたい、気持ちが伝わるとっておきのプレゼント本。
 本屋さんが心を込めて選んだ、幸せな気分になれる本を紹介します。

かつての子どもたちへこれからの大人たちへ

book2_tsutaya_クリスマスを探偵と

クリスマスを探偵と
伊坂幸太郎 著
河出書房新社/1,300円(税抜)

 伊坂幸太郎が大学時代に書いた短編が時を経て、素敵な挿絵に彩られた絵本になりました。
 幸せとは縁遠い人生を歩んできた探偵カール。街の人々が幸福なクリスマスを迎える中、彼はとある人物を尾行している最中、不思議な男に出会いクリスマスの思い出を語ることになります。クリスマスはサンタクロースが心温まる奇跡を起こしてくれる日。サンタクロースって本当にいるんだよ、と誰かに伝えたくなる物語。

これもオススメ!

18_01
ドイツ・クリスマスマーケット案内
沖島博美著
河出書房新社/1,600円(税抜)

1年で一番煌く季節、クリスマスシーズン。ドイツのクリスマスマーケットはかわいいものや美しいものでいっぱい。ホームパーティーの参考になりそうな写真も多くワクワクしてしまいます。

18_02
クリスマスの思い出
トルーマン・カポーティ著 
文藝春秋/1,571円(税抜)

クリスマスになると読み返したくなる1冊。村上春樹の訳に山本容子の銅版画が物語の世界をひろげてくれています。大切な方へのプレゼントにおすすめです。

 

book2_takaishi

この本を紹介してくれたのは・・・

六本松 蔦屋書店
こども・読み物担当 高石 佳奈子さん

これから世界の扉を開ける子どもたちへの、最高のクリスマスプレゼント!

クエストbook1_英語の歌

CD付 頭のいい子が育つ英語のうた
ハッピークリスマスソング 
新星出版社/1,900円(税抜)

 楽しい楽しいクリスマス、今年はちょっと変わって英語で歌ってみよう! 収録された24曲はジングルベルや赤はなのトナカイなど、耳に馴染んだ名曲ばかりなので、英語に苦手意識があっても自然と意味も浮かんできます。2020年から小学校で英語学習が義務化されますのでさわりにいかがでしょうか? クリスマスの物語やご馳走、それぞれの単語が可愛いイラストと一緒に書かれている楽しい絵本です。

これもオススメ!

18_03

こねて のばして
ヨシタケ シンスケ 著
ブロンズ新社/980円(税抜)

 こねてのばしてまたこねて・・・あれれ? 最後は一体何ができるの? 心地良い言葉のリズムと愛らしいイラストで、ゆるりヨシタケワールド満開。予想外の展開に大人も思わずクスリ。親子で触れ合いながら一緒に楽しめるスキンシップ絵本。

18_04
おかあさんはね

エイミー・クラウス・ローゼンタール 著
高橋久美子 訳
ミクロマガジン社/1,500円(税抜)

 母親が子どもに語りかけるような形で、子どもの健やかな成長と幸せを願う親の愛を代弁してくれる絵本。全米のみならず世界中で共感を呼び、各国で翻訳されている。子どもにぜひ言葉にして伝えたい想いの集大成。親としても感動してしまう一冊。

小倉クエスト

この本を紹介してくれたのは・・・

ブックセンタークエスト小倉本店
店長代理 神代 武志さん

written by ライリー