古民家で暮らす 筑後市空き家見学バスツアー イベントレポートVol.2

イベントレポートVol.1に引き続き、筑後市空き家見学バスツアーイベントをレポート!
Vol.1は空き家メインですが、Vol.2ではツアーで巡ったお楽しみどころをご紹介します!☆

 

筑後市を楽しむスポット!

高い建物や交通量が多い道路に邪魔されることが少ない筑後市は、遊び盛りの子どもたちにはうってつけのエリア!スポーツ施設もばっちりと揃っているので、運動好きにも最適です。さらに女性に嬉しい「美人の湯」もありますよ!

 

HAWKSベースボールパーク筑後

IMG_1252
平成28年3月に完成した、福岡ソフトバンクホークスのファーム本拠地球場。
人工芝のメイン球場、天然芝のサブ球場、室内練習場、選手寮の4つがあります。2017シーズンには80試合が開催され、延べ133,460人ものファンが来場しました。

 

s_32821712_Unknown
写真はHAWKSベースボールパーク筑後のキャラクター、ひな丸。筑後市PRキャラクターのはね丸とも仲良しです。
HAWKSベースボールパーク筑後のメイン球場とサブ球場のサイズは、福岡ヤフオク!ドームと同じ大きさ。客席数はドームと比べて少ないので、近くで試合が見ることができます。
主力選手が2軍調整をしているときはかなりのファンが訪れるそうで、ホークスが筑後に来るから!と筑後市へ移住した方も実際にいるのだとか。
週末に家族で応援に行くのも楽しそうですね!

 

水田天満宮・恋木神社

s_水田天満宮
水田天満宮は九州第二の天満宮。
実は太宰府天満宮よりも水田天満宮の方が長い歴史を持っているのです!ご存知でしたか?

境内には天神様のゆかりの鳥とされている「鷽」(うそ)の像や、天満宮に数多く奉納されている牛の像などがあります。お正月の初詣には、参拝するまでに1時間もかかる列ができるそうですよ。

 

s_IMG_7897
水田天満宮の横にある、ハートの石畳を辿っていくと、恋木神社があります。
日本で唯一「恋命」(こいのみこと)を奉っていて、多くの女性が訪れています。この日も多くの女性が参拝していました。
ピンクの鳥居や鮮やかな赤の拝殿は、まさに恋のパワーが秘められていそうですね!
ちなみに鳥居には10個のハートが隠れていて、見つけると幸運が訪れるといわれています。ぜひ見つけに行ってみてください!

 

農産物直売所 よらん野

DSC_0045
よらん野は、JAふくおか八女が運営している農産物直売所。八女市にあるの?と思われるかもしれませんが、しっかり筑後市にありますよ!
よらん野には、地元で採れた新鮮な野菜や果物などがずらりと揃っていて、午後に行くとすでにほぼなくなっていることもしばしば。確実に買うには午前中が狙い時です!
新鮮で美味しい野菜が福岡市でよりもお安く買えるので、皆さんたくさん買い物をしてとても満足そうでした。

 

川の駅船小屋 恋ぼたる

筑後川のそばにあることから、道の駅ではなく「川の駅」とされている恋ぼたる。
筑後市では多くの蛍が見られていたこと、筑後七国で「恋のくに」と呼ばれていることから、「川の駅船小屋 恋ぼたる」という名前になっています。
※筑後七国・・・九州新幹線筑後船小屋駅を中心として繋がる5市2町(大川市・柳川市・大木町・筑後市・みやま市・広川町・八女市)を称する呼び名。

s_IMG_7920
物産館には、農産物だけでなく、海産物や地元で作られたお菓子やパンなど、地元のものが多く揃っています。(メダカや小さな鯉も!)
定期的にイベントを開催していて、幅広い年代の人が楽しめる施設です。
物産館で筑後市内にある築山製茶農園の「筑後紅茶」を買いましたが、アヴァンティ内でとても好評でした◎

 

s_IMG_7922
物産館の横には温泉館も!
泉質は“美人の湯”として有名なマグネシウム・ナトリウム炭酸水素塩泉で、カルシウム・マグネシウムを多く含んでいます。美肌作用効果だけでなく、鎮静効果や炎症を収めて、痛み等をやわらげる効果もあるそうです。
温泉館の入浴料は13歳以上が500円ですが、足湯は無料で入れます。買い物のついでにちょっと温まりたいときにはオススメです!

 恋ぼたるは東西約4kmにわたる県営の筑後広域公園内にあります。
総面積192.6ヘクタール(大濠公園の約5倍!)の公園内には体育館、芝生広場、ストレッチ遊具、多目的広場、野球やサッカーができる多目的運動場、テニスコート、ゲートボール場などスポーツ施設がばっちり揃っています。
他にもバーベキュー広場や野外ステージなどもあるので、季節や用途を問わず家族で楽しむことができますよ!

 

遊びも買い物も家族一緒に楽しめる、筑後市!

いかがですか?
福岡市内からのアクセスが良いところに、こんなにも家族で楽しめるエリアがあるのです!実際、子育てのバックアップが強い筑後市には、結婚を機に移住してくる方が多いそうですよ。
筑後市の暮らしが少しでも気になったら、ぜひ一度行ってみてくださいね!

 

筑後市の空き家・移住についてのお問い合わせはこちらから
筑後市役所 
総務部 企画調整課 地方創生担当
〒833-8601 福岡県筑後市大字山ノ井898
Tel:0942-53-4245
Mail:kikaku-z103@city.chikugo.lg.jp(課代表)

 

 

written by ラピス