忙しくても、初心者でも大丈夫!1日10分で始める資産形成術

takeyuki_profile初めまして、東京の銀座で投資スクールを開校しています、野口健幸(たけゆき)と申します。
今回、九州を中心とするサイトへのコラムへの掲載にご縁を頂き感謝しております。何故、私に話が来たかと言うと、東京での成功があったこともありますが、私が今回の話を受けたのは、私が青春時代を福岡で過ごしたので、福岡の方にも、私が東京で行っているスクールのことを還元しようと思ったからです。

お金の話はタブーでなく、知ったほうがいい

私は本音で語るのが好きなのでズバリ本音で言うと、現代はお金が必要になっています。お金が無くてもいいなんて、綺麗ごとを言っても仕方がないです。誰でも見知らぬ地の海外には行ってみたい、もっとおいしいものを食べてみたい、もっと素敵な洋服を着てみたいなどあるものですし、そのためにはあたり前ですがお金がかかります。また、東京では私立の学校に行かせようものなら、年間で100万円以上のお金がかかります。税金もお金で納めなければなりません。そんな世の中です。

旦那の給料が上がらないので、私が稼ぐと言う女性は増えています。幸せな生活をするにお金は最低限必要なのです。そして最低限は人によって違います。でも明らかに言えることは、自分のやりたいことをやるにはお金が必要だってことで、これを無視していては何も始まりません。でも、この議論はよくタブー扱いされるんです。そんなタブーは自分を苦しめるだけです。ズバリ本音で語っていきたいと思います。

満足するだけの収入を得ていますか?

329f3a3007a1cbe12bdab64ad36249e7_s

次に、皆さんはある程度お金を得ることはできますが、あなたが満足するだけの収入を得ているでしょうか。残念ながら満足がいくだけの収入が得られていないのが現状ではないでしょうか。だからもっとお金を得るには、高い収入を得る可能性がある職業につくとか、ちょと危ない仕事をするとか、発想しがちですが、私はそんなことは言っていません。また、いっぱい働けとかも言っていませんし、むしろその逆のことを主張しています。

そして、ここが大切なのですが、私は人に頼らず自分で収入を得る方法を教えています。私のスクールでは月に100万円以上の収入を得ている人も何人もいます。何故、彼ら彼女らがそんなにお金を得ることができたのか、その理由は私の指導に素直に従ってくれたからなのですが、私が言いたいのは、自分で生活していく分は自分で収入を得るということです。

あなたの生活を楽しむために1日1時間だけはお金を得ることに使いませんか?

何かお金を使おうと思って、自分の財布の中身と相談したり、あるいは旦那と相談したり、またはお金を使うことへの罪悪感があったりしがちですが、そんなことは気にせずガツンと稼いでしまいましょう。ただ稼ぐだけでなく、お金を稼ぐ時間は1日に1時間もあれば十分にしてしまいましょう。そして後の23時間はあなたの時間のために使ってみては如何でしょうか。そんな生活スタイルの変更を私は提案しています。

でも、直ぐにはできませんが、できないものでもありません。自分で生活するお金、自分で遊ぶお金、自分が好きな事をするために使うお金は1日1時間だけにして、後の23時間は自分のために使う時間としてしみては如何でしょうか。そんなライフスタイルを実現してください。そのために必要なのは、戻りますが、1日1時間だけでお金を稼いでしまおうというものです。これができるかできないかが勝負の分かれ目です。

3398f3d2992476c81dedce7ebc9e42e5_s ここまで聞いて、あなたは私の提案にのりますか、そりますか。別に乗らないにしても、このコラムを聞いてみようと思って頂けたらokです。正直に言うと、この方法がすぐにできると思ったあなた、また3か月でできると思ったあなた・・・、世の中、そんなに甘くはありません。どんなに一生懸命やったってそんなにすぐにはできません。でも石の上にかじりついても3年とよく言われていますが、3年もかからないでしょう。

結論を言えば、世の中、成功する人は真面目にやる人が勝つのです。遊ぶため自分の時間のために、あなたは1日1時間は真面目にお金を得ることをやってみることで、これは1日8時間労働が主流である今日よりも大きく時間が減るので、メリットだらけの話のはずです。要は私の提案が信じられるかどうか、実際にできるかどうかという点だけではないのでしょうか。

最後に、あなたが自由に使える1日24時間をあなたの生活を楽しむために1日1時間だけはお金を得ることに使い、残り23時間はあなたの好きな時間に使いましょう。また来週、お会いしましょう。

→野口健幸のプロフィールはコチラ

written by takeyuki