「人生100年時代」をあなたはどう働き、どう過ごす?【1/17(水)無料講演会】

 

あなたの職場に規則はある? 働く人が病気になったときのこと。

65f1f07ade840a5281a93d005578f661_s▲病気を理由に仕事・収入を失わないためには?


子育てや、介護など、家族のケアを仕事をしながらどう進めて行くか。
よく課題として上げられますが、

意外と企業でもきちんとルールが定められていないことも多いのが、そこで働く人が病気になったときのこと。

いつ身にふりかかるか予測が付かないうえ、病気の重さ、通院の頻度、治療方法など人それぞれなので、
どのような支援が必要かもケースバイケースです。

1月17日(水)14:30~福岡市天神にて、働きながら行うがん治療やがんにならないための予防、検査などについて講演会とパネルディスカッションが行われます。

先生、がんになっても、働けますか_

申込み受付ページはこちら

平日のお昼間ですが、企業の皆さん、経営者の方、フリーランスや個人事業主の方も、日々の経営、業務に関わることかと思います。
お仕事の時間を使ってお越しになりませんか?

講師は早良区のなもと内科胃腸クリニックの名本真章先生、

パネルディスカッションには
ファイナンシャルプランナーの世継祐子さん、
ふくやの稲田磯美さん
コーディネーターとして川上政行さんをお招きしております。

申込み受付ページはこちら

当日空きがあれば、予約無しでもご入場頂けます。

「人生100年時代」をあなたはどう働き、どう過ごしたいですか?
この機会に、健康管理・経営管理のひとつとして、万が一の備えについて考えてみませんか?

 

written by パー子