神が住む山の麓で、温泉と美味に癒される “おすすめの日帰りオトナ女子旅”@豊前『卜仙の郷』

20171219_017

自然・歴史・グルメの3拍子そろった豊前市。福岡県内にあり、思い立ったらすぐに日帰りでも行ける距離も魅力! 霊峰・求菩提山(くぼてさん)の麓にある温泉施設「くぼて鷹勝 卜仙の郷(ぼくせんのさと)」は、お湯よし、味よし、眺めよし。清々しくスタートしたい新しい年に、ぜひおすすめしたいパワースポットです。アヴァンティ読者限定のお得な女子旅を、一足早く体験してきました!!

20171219_072
北九州市内からは車で1時間程度、博多からだと2時間以内。東九州自動車道を通ればあっという間に到着!自然豊かな景色を眺めながら楽しいドライブ。

霊峰を望む、のどかな山里へ

IMG_7254

福岡県の東南端にある豊前市は、海と山の自然に恵まれたのどかなまち。古くから受け継がれてきた「豊前神楽」(国指定重要無形民俗文化財)や、黒田官兵衛ゆかりの地としても有名です。

豊前市の南に位置する求菩提山(国指定史跡)は、かつて多くの山伏が修行した豊前修験道の聖地です。「求菩提資料館」には、修験道に関する資料や、官兵衛が詠んだ歌なども展示されているんです。

stay1_02
神聖な空気に満ちた求菩提の森は、2013年3月に森林セラピー基地として認定を受けました。森の中のヨガや散歩など、四季を通して豊かな自然を活かしたイベントに参加できます。

山麓の集落は「求菩提の農村景観」として、国の重要文化的景観になっています。水車や棚田など昔ながらの里山の景色にも癒されますね。古民家を改装したカフェもあり、話題のスポットになっているんですよ。

大自然に佇む「くぼて鷹勝 卜仙の郷」

20171219_055

今回訪れた「くぼて鷹勝 卜仙の郷」は、そんな日本の原風景が広がる求菩提山の麓にありました。周辺に宿はなく、求菩提温泉に入れる温泉施設は「卜仙の郷」だけ。慌ただしい日常から離れて、ゆったり静かに過ごせる環境です。宿のスタッフは皆さん親切で、笑顔で温かく迎えてくれました。

施設名の「卜仙」は、「猛覚魔卜仙」という人物の名前に由来しています。西暦526年、求菩提山に登った卜仙は、神が降臨する吉兆を感じて山中に祠を建てたとか。また、周辺の犬ヶ岳で鬼退治をして人々を安心させ、求菩提山信仰の歴史を拓いた人物なんだそうです。

やわらかな天然温泉で、ゆったりくつろぐ

20171219_017

「卜仙の郷」は2017年3月にリニューアル工事を完了。福岡市の料亭や湯布院「癒しの宿 鷹勝」を経営する鷹勝が豊前市から運営を受け継ぎ、設備や料理をグレードアップして生まれ変わりました。

求菩提山の麓から湧き出る求菩提温泉は、湯ざわりがやわらかく、とろりとした優しい感触。肌によいアルカリ性単純温泉で、神経痛、筋肉痛、疲労回復、健康増進などさまざまな効能があるそうです。美肌の湯ともいわれ、女性に人気の温泉というのがうれしいですね。

大浴場は広々としていて、露天風呂からは求菩提山を眺められる絶好のロケーション。大浴場内には、ドクダミ、ヨモギ、葛の葉など薬草成分がたっぷり入った人気の薬湯もあります。サウナも付いていて、体の芯から温まり、デトックス効果でスッキリ!

20171219_022ins
20171219_019ins

リニューアルしたお部屋は、とてもきれいで快適でした。ゆったりくつろげる和室で、オトナ女子のおしゃべりは尽きません。

お部屋には、源泉かけ流し半露天風呂があって、まさに至れり尽くせり! 木のぬくもりを感じるプライベートな空間は、大浴場とはまた違った風情があります。

素材にこだわる自慢の料理

20171219_034

「卜仙の郷」は、何といっても料理が自慢。夕食は、小鉢、お造り、鍋物など多彩な料理が10品以上ずらりと並びます。

一番のお楽しみは、ふぐちり鍋~!

20171219_036ins
20171219_023ins

女子旅プランのメインは、通常メニューにはない贅沢なふぐちり鍋です。ぷりっと身が引き締まったふぐ、肉厚の椎茸、ダシの香りも素晴らしく、食べる前からテンション上がります。インスタ映えもバッチリ! 素材の一つひとつが極上で、大満足の美味しさでした。

夕食メニューの一品「やまめ刺し」も大人気。専用の生け簀があり、清流に育まれた新鮮な天然やまめを、お刺身でいただけるんです。

IMG_7217instt

食事の最後には、もちろん女子好みのデザートが付いています。

さらに、施設内にある喫茶バーコーナーのスイーツも一人一品サービス! ソフトクリーム、ケーキなどのメニューから好きなものを選べます。

20171219_059ins
喫茶ヨコの売店では地元の名産品や、スイーツ、『鷹勝』の万能だしなども販売。

【アヴァンティ女子旅 特別プラン】

20171219_015

求菩提温泉 くぼて鷹勝 卜仙の郷(ぼくせんのさと)

 【住所】福岡県豊前市大字篠瀬57-2
 【営業時間】9:00 ~ 22:00(予約電話受付) 
                  チェックイン15:30 チェックアウト10:00
 【HP】http://bokusennosato.com/
 【Tel】0979-84-5000

●おすすめのリフレッシュ宿泊プラン

1泊2日でゆったりリフレッシュできるおすすめ女子旅プラン。

自慢の料理が堪能できます。
●料金:2名利用時で税込24,840円~/人(客室風呂付き)

<特典>
通常の宿泊料金で、夕食は「ふぐちり鍋」にグレードアップ
選べるデザート付き(喫茶バーコーナー)

<予約方法>
 お電話でのご予約、または【女子旅特別プラン】予約フォームでお申し込みください。
【期間】2018年02月01日(木)~2018年04月30日(月)

●気軽に利用できる日帰りプラン
利用時間は10:30~22:00まで。

<特典>
大浴場入浴料600円+レストラン定食(4種類から選べる)
通常料金2,100円(税別)を、特別料金1,800円(税別)で提供

<予約方法>
 お電話でご予約ください。
 TEL:0979-84-5000

ちょっと足をのばして豊前さんぽ

DSC_0379ins
DSC_0514ins
DSC_0427ins

求菩提山に癒された後は、豊饒な海の恵みも満喫したいですね。潮の干満の差が大きく、広大な干潟が発達している豊前海。山や森から流れ出る養分やミネラルが海を育み、豊富な魚介が水揚げされる漁場なんです。

2016年6月、宇島漁港にオープンした「うみてらす豊前」は、豊前海の魅力を存分に楽しめる新名所。漁協の直売所や漁師食堂があり、新鮮な海の幸をリーズナブルな価格で味わえます。

umiterrace-logo

うみてらす豊前

ほかにも、「道の駅 豊前おこしかけ」や「JA豊前ふれあい市場」で特産品や地場の野菜を買ったり、神社や中津街道の古い街並みを散策したり。神楽に興味があれば、「多目的文化交流センター」(京築 神楽伝統文化会館)もおすすめ。豊前神楽に関する展示、定期公演もあります。

近場のスローなオトナ女子旅。山海の幸に恵まれた豊前で、心も体も癒されるひとときを過ごしませんか?

hlogo

豊前市 観光情報

written by ライリー