ほうれい線&目の下のたるみ、ふっくらキレイに。プロの技に頼りませんか?

深いシワに最適なPRP-Fを知っていますか?

mein01

春は、新しい環境やイベントに備えて、装いも新たにスタートしたい季節です。メイクや服を明るい春色で揃えたときに気になるのが、秋冬で乾燥したお肌のこと。

「目の下がたるんでクマになった」

「頬が凹んで疲れてみえる」

「ホウレイ線が深くなった」

「目尻のシワが気になる」

など、鏡をのぞけば悩みがつきない季節でもあります。

肌もパッと春色にしたいけれど、手軽で、効果がすぐに実感できて、キレイが長持ちする方法を探したい。そんな方におすすめしたいのが、新しい「再生医療」であるPRP-F(血小板注入法)です。

難しい名前ですが、施術はシンプル。メスを使わない治療で、当日から効果を実感できて、翌日からメイクOKという「手軽さ」と「肌の若返り」で人気です。

おすすめポイントを4つご紹介します。

PRP-Fは、細胞の再生を手助けする血液成分(多血小板血漿)を、シワや凹みに注入して肌をふっくらさせるもの。採血や血液の遠心分離などの時間を含めても1時間程度で完了します。

OZUMIクリニックでは、血小板の活性を高める成長因子(グロースファクター)を加える最先端の方法で、効果や持続力を高めています。コラーゲンや脂肪の産生などが活発化して早期に肌が若返っていくのが特徴です。なぜ今PRP-Fが選ばれるのか、ポイントを4つご紹介します。

ポイント1
メスを使わないので傷が残らず安全性が高い。

ポイント2
自分の血液だからアレルギー発生の可能性がほとんどない。

ポイント3
深いシワや凹みなどに、高い効果が期待できる。

ポイント4
1回の注入で永続的な効果が期待できる

※元にもどるということはなく、若返った肌年齢からふたたび自然に年を重ねていきます。より長期的な若返り効果を得たい場合は、各種レーザーによるアンチエイジング治療を併用するとさらに満足度がアップします。

メスを使わないPRP-F(多血小板血漿注入法)で若返り

mein02

目の下のクマ・ほうれい線・眉間のシワが消える、PRPF多血小板血漿注入法)。しわや凹みになった部分に、細胞の再生を助ける自分の血小板を注入し、ふっくらさせる「再生医療」です。

なかでもOZUMIクリニックの施術は、細胞の再生度をより高める成長因子を取り入れた先進のもの。「1度で効果がはっきり実感できる」と人気の施術です。

 ★施術時間15~30分で当日から効果実感
 ★翌日からメイクOK
 ★脂肪注入が難しい部位にもOK

PRP-F多血小板血漿注入法) 1キット/顔全体21万円(税抜)

1度の採血で多くの血小板が抽出できるため、顔全体の気になる部分がほぼカバーできます。

 

osusumePRP-F レーザーのW治療で、ハリ効果UP!

reza開いた毛穴やたるみをキュッとひき上げる『OZUMIクリニック』の厳選レーザー等13種。特にアンチエイジングにオススメなのが次世代治療機「UTIMS」です。皮膚や皮下組織、筋膜などのあらゆる層でおこるたるみに、切らずにアプローチ。PRP-Fと組み合わせて施術することで、さらに弾力のあるピンと張った素肌を取り戻せます。

 

美容医療で身近なお悩み対策

お悩み対策 その1

はれぼったい一重をパッチリ二重に。まぶたのたるみが気になる方にもおすすめです。

埋没法 片側5万円 両側8万円(税抜)

切開法 部分切開片方9万円 全切開片方11万円(税抜)

※埋没法は左右で10分あまり。腫れが少なく、ラインも取れにくいのが特長。切開法は目の周りのたるみや脂肪も一緒に取れます。

お悩み対策 その2

涙袋、ボリューミーなふっくら唇、すっと通った鼻筋に。30代後半くらいから現れる目元のたるみ、目の下のクマ、法令線にもヒアルロン酸注入が効果的。

ヒアルロン酸注入0.1cc 1万円(税抜)

※個人差はありますが、鼻の場合は0.10.5ccが目安です。

 

osusume素顔まつ毛で女子力アップ!

vista緑内障の治療薬から生まれたまつ毛の成長剤、グラッシュビスタ。毎晩一液まつ毛に塗ることで、強くて長いまつ毛が育ちます。毛根に作用し、成長サイクルが生まれるので、効果が驚くほど持続。

グラッシュビスタ 25,000(税込)

 

OZUMIクリニックでは、幅広い世代のお悩みに、肌のプロフェッショナルとしてじっくりていねいに対応してくれます。数十年来通う方も多く、お孫さんをつれて3世代のおつきあいというケースもあります。

自己流ケアで肌をいじめないために、アフターケアも充実した、実績豊富なドクターに気軽に相談してください。

2018年のスタートは、
自信と笑顔で輝く「新しい私」へ一歩踏み出してみませんか?

無料メール相談あり
 問合せはこちら

sensei

院長 小住和徳

昭和大学医学部大学院形成外科卒業、聖マリア病院形成外科部長・ 唇裂口蓋裂センター所長、日本美容外科学会(JSAPS)常任理事、日本臨床形成美容外科医会副会長・昭和大学医学部形成外科講師などを歴任。医学博士。「美容外科手術プラクティス」など著書多数。


OZUMIクリニックは、『(社)日本美容医療協会』から認定された適正認定医院です。

形成外科・美容外科・美容皮膚科 〈社〉日本美容医療協会適正認定医院
〈松股会〉OZUMIクリニック
093-452-1117(代)
住所/北九州市小倉南区長行東2-14-11
診療/10001800
休診/火曜・金曜

ホームページ http://www.ozumi.jp/
脱毛サイト 医療脱毛キャンペーン実施中! http://www.ozumi.net/

 

annai

(モノレール「徳力嵐山口」駅下車10分・小倉南インター降りてすぐそば)

written by 編集部