女性も男性と同様に働く香港。夫婦共働きは当たり前?

【香港での女性の活躍の理由は?】

pexels-photo-254069

少し前まで、日本では専業主婦が当たり前でした。父親は外で働き家族を支え、母親は家の中を守る・・・昨今の日本ではそんな考えが変わりつつあります。とは言っても、まだまだ世界的に見てみると、日本では専業主婦を多くみかけます。

香港では、驚くことに「専業主婦」という言葉はほとんど聞きません。女性も男性と同じく働く機会があり、組織の中でも男女の差別はありません。権限も持ち、男性並みに働き稼ぐ姿は良く目にします。他社との商談や国際会議でも、女性の姿は多く、男性顔負けの仕事っぷりの女性役員も多数います。

 

【世界的に見ても高い物価水準】

なぜ、香港では女性が当たり前のように働くのでしょうか?その背景には、高い家賃と高水準の生活があります。

b7f16189814031f4b028baa6dd576a93_s

 

香港の家賃は世界でも非常に高いことで有名で、昨年発表された世界の家賃ランキングではSan Francisco、NYに次ぎ、第3位にランクインしました。一人暮らし用の部屋で平均1292.46ポンド(約16万6000円)だそうです。(参考:BUSINESS INSIDER UK http://uk.businessinsider.com/most-expensive-cities-in-the-world-to-ren-2017-2/#4-dubai-uae-16

ちなみに日本のランキングは、東京が15位で、一人暮らし用の部屋で平均787.8ポンド(約11万9000円)という調査結果でした。香港の大卒初任給は平均月収で12,125HKD(約18万円)ですので、夫婦2人で仕事をしないと生活していけません。

 

では、物価はどうでしょうか?2017年の物価が高い都市ランキングによると香港は世界第2位です。(参考:ECA International)

お粥一つを例にとっても、街中ではローカル店で食べても500円くらいしますし、ちょっとしたレストランに行けば、具によっては3000円もするものもあります。

 

生きていくうえで大切な衣・食・住のうち主要な2つが世界的にみても高い水準にあるので、生活のためには、女性も自立して働かないといけないのです。こうしたことから、男女ともに存在を認め合い、家庭でも仕事でも同じ目線でいられるということは、逆に素晴らしいと言えるかもしれないですね。