出会いの場は、「仕事関係」が1位 出会いたいのは、「趣味・習い事の場」~フクオカ働く女性白書vol.8「婚活・恋活」

半径3メートルの出会い。「仕事関係」が圧倒的

25_04

つきあっている人、以前、つきあったことのある人の、出会いの場はどこだろう。「仕事関係」が69人といちばん多く、次いで「知人や上司からの紹介」(38人)。「趣味・習い事の場」(35人)。「同級生(同窓会)」(31人)となっている。人は半径3メートル以内で恋をすると言われるが、職場や取引先など、働く女性の出会いの場はなんといっても仕事関係。そのためには、どんな職場に勤めるのかで人生が決まると言っても過言ではない。また、少数だが、「街コンやお見合いパーティ」「SNSやインターネット」で出会っていることにも注目だ。

年代別に見ると、20代は「同級生(同窓会)」「仕事関係」「知人や上司からの紹介」、30代は「仕事関係」「趣味・習い事の場」「知人や上司からの紹介」、40代は「仕事関係」「知人や上司からの紹介」「街コンやお見合いパーティ」、50代は「仕事関係」「趣味・習い事の場」「SNSやインターネット」となっており、各年代に僅かな差がある。

では、どうやって出会いたいか、を聞くと、大きく変わり、「趣味・習い事の場」が95人と最も多く、次いで「知人や上司からの紹介」(81人)、「仕事関係」(73人)。また、「街コンやお見合いパーティ」(35人)も、出会いの場として考えられている。

25_05

趣味志向の合う人と出会いたい、きちんとした人と出会いたい、という女性たちの思惑が見えてくる。しかし、ちょっと驚いたのは、「知人や上司からの紹介」で出会いたいと思っている女性が案外多いこと。親や親戚、職場の上司などに結婚のことをとやかく言われるのは大きなお世話だろう。しかし、女性たちは、案外、受身なのだ。「私にぴったりの人」を誰か紹介してくれないかなあと待っている。さりげなくおせっかいしてみるのもいいのかもしれない。「なんで結婚しないの?」とハラスメントにならないよう気をつけて。

written by 編集部