エスプリあふれる珠玉の舞台「フィリップ・ドゥクフレ/DCA」北九州芸術劇場で公演決定!

★NPC2&_169;CharlesFreger(C)Charles Freger

フランスを代表する奇才、振付家・演出家「フィリップ・ドゥクフレ」が贈る珠玉の作品集
『新作短編集(2017―Nouvelles Pièces Courtes』

★追_LPH2633027(C)Laurent Philippe

サーカスとダンス、カラフルな衣裳に映像トリックが交錯する、奇想天外で、まるで魔法のような舞台が日本に上陸。まもなく2018年6月29日(金)に彩の国さいたま芸術劇場からスタート! 7月は北九州、滋賀を巡ります。

弱冠31歳にして、1992年の『アルベールビルオリンピック』開閉会式の演出を手がけたことで、フランスを代表する演出家として一躍ダンス界にその名を轟かせた振付家・演出家「フィリップ・ドゥクフレ」

彼が1983年に設立したカンパニー「DCA」の日本公演『PANORAMA-パノラマ(2014)』や『CONTACT-コンタクト(2016)』は、日本各地で大反響を呼びました。

ゲーテの『ファウスト』を大胆に脚色したキャバレーミュージカル『CONTACT-コンタクト(2016)』

7/7(土)、8(日)  は北九州芸術劇場で公演!

★NPC6&_169;Laurent.PHILIPPE
NPC5&_169;Laurent.PHILIPPE

(C)Laurent Philippe

今回の来日では、観客をリリカルなアナザーワールドへの旅へと誘う珠玉のオムニバス集『新作短編集(2017)―Nouvelles Pièces Courtes』を届けます。

ナイジェリアの民族衣装にインスパイアされたカラフルな衣装で繰り広げられる架空の部族のダンスや、影絵のデュエット、トリッキーな視覚表現、宙吊りのパ・ド・ドゥなど、アクロバティックでパワフルなステージを展開し、最後にはフィリップ・ドゥクフレが特別な想いを抱く、坂東玉三郎や葛飾北斎への敬意を込めた作品が登場。

すでにヨーロッパ各地では上演されていますが、なんと、日本公演の特典として、ドゥクフレ本人がダンサーとして登場することが予定されているようです。

北九州芸術劇場での公演は、『PANORAMA-パノラマ(2014)』以来、実に4年ぶり!

鮮烈な色彩とトリッキーな視覚表現、パワフルなダンスが饗宴するドゥクフレの世界をお楽しみに。

★追_LPH2633051(C)Laurent Philippe

どぅくふれ

(C)Eline Ros

“空間の魔術師” フィリップ・ドゥクフレ
ヌーヴォーシルク(現代サーカス)やコンテンポラリー・ダンス、パントマイムなどを基礎としたダンスや舞台芸術、パフォーマンスを創作している。ダンスに映像、音楽、照明の全てを有機的に融合させ、幻惑的ともいえるステージングで観る者をとりこにする。
1992年、アルベールビル冬季オリンピック開・閉会式の演出を31歳の若さで手がけ、サーカスと映像トリックとダンスとが交錯する奇想天外な演出で、一躍世界に知られる。
DCAでの活動に加え、ディオールやエールフランスなどのCMを手がけるほか、サーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユやパリの老舗キャバレー クレイジーホース・パリのショー『DESIRE』を演出・振付するなど、ジャンルを横断して幅広く活躍。

 

アヴァンティ読者限定/
計 6名様 (各日 3名様)にご招待チケットプレゼント!【応募方法】

いつもアヴァンティを応援してくださる読者のみなさんへ、感謝を込めてご招待チケットをプレゼントします! 日頃忙しくて中々観劇の時間がとれないという方も、ぜひこの機会に北九州芸術劇場の舞台をお楽しみください。
ご応募お待ちしております。

※こちらのプレゼント応募受付は終了しました(2018.6.29)

たくさんのご応募とメッセージをありがとうございました!

①観覧希望日(7/7(土)もしくは7/8(日)) ②お名前 ③ご住所 ④メールアドレス ⑤電話番号(当日ご連絡がとれるもの)>を記載して、下記メールアドレスへご応募ください。
※ご当選は、お1人様 1枚とさせていただいております。

メール / kitakyushu@e-avanti.com

●応募締切り 2018年6月29日(金)15:00

●当選者発表 2018年6月29日(金)18:00 ※当選された方には順次、メールでお知らせいたします。

●引換え方法 ご招待チケットは、公演日当日に劇場窓口での引き換えとなります。

 

『新作短編集(2017―Nouvelles Pièces Courtes』公演詳細はコチラ

★NPC2&_169;Laurent.PHILIPPE(C)Laurent Philippe

演出・振付

フィリップ・ドゥクフレ

出演

カンパニーDCA

日時

2018年7月7日(土)14:30開演 ※終演後DCAメンバーによるポストトークあり
2018年7月8日(日)14:30開演

会場

北九州芸術劇場 中劇場(北九州市小倉北区室町1丁目1-1-11リバーウォーク北九州6F)

チケット

全席指定/一般6,000円、ユース3,000円(24歳以下・要身分証提示)、子ども1,500円(4歳~中学生)、親子セット券6,500円(一般+子ども、セット数限定・劇場前売のみ)、高校生〔的〕チケット1,500円(枚数限定・劇場窓口にて前売のみ取扱・要学生証提示)※3歳以下入場不可

チケットのご購入は北九州芸術劇場ホームページへ>http://q-geki.jp/events/2018/dca2018/

カンパニーDCAダンサーによるワークショップ開催決定!
日時:2018年7月5日(木)19:00~

講師:カンパニーDCAのダンサーAlexandra Naudet(アレクサンドラ・ノーデ)氏(予定)

参加費:一般1,000円(チケットをお持ちの方は500円)、高校生~24歳500円

内容:これまでも様々な国で、ダンス経験の有無問わずすべての年齢の方を対象に行ってきたシンプルなプログラム。ダンスにおいて技術以前に基本的なルールのひとつは、空間の中でリズムと表現に気をつけながら体を動かすこと。音楽にあわせて体を動かし、気づけば誰もがダンサーに感じられるようなワークショップです。

詳細・お申込:北九州芸術劇場ホームページへhttp://q-geki.jp/events/2018/dca2018ws/

申込締切り:2018年6月25日(月)必着

◆お問合せ◆ 北九州芸術劇場 TEL 093-562-2655(10:00~19:00)

関連リンク>
●Allaboutフィリップ・ドゥクフレ『パノラマ』インタビュー「集大成で魅せるドゥクフレ・ワールド!」
●CINRA.NET「フィリップ・ドゥクフレの知られざる日本愛と坂東玉三郎への敬意」
●CINRA.NET「オリンピック開閉会式の演出家ドゥクフレの美しくも奇天烈な舞台」
●北九州芸術劇場「北九州初開催!カンパニーDCAダンサーによるワークショップ」

written by ライリー