日本と香港の税制【前編】

皆さんは香港で買い物をした際に、日本との大きな違いに気づくはずです。それは、消費税がかからないということなんです。ご存知でしたか?

香港に来たことがある方はご存知かもしれませんが、わざわざ免税店へ行って買い物をしなくても、消費税がかからないのです。もちろん免税手続きもいりません。

adult-boutique-business-318236

 

これだけでも十分魅力的だと思いますが、香港は消費税の他に、投資で利益を出した際のキャピタルゲイン税、贈与税、相続税もかかりません。税金の仕組みがとても、簡潔なのです。

 

日本では、今挙げたもの全てに税金がかかります。税金について表にまとめて比較すると以下のようになります。しっかりとご覧下さい。

 

 

消費税

キャピタルゲイン税

贈与税

相続税

日本

8%

20%

10%~55%

10%~55%

香港

0%

0%

0%

0%

 

昔から日本では「3代続けば財産がなくなる」と言われてきましたが、これだけ税率が高ければ、それも納得できるほど高い税率です。香港では、相続税がなく、子孫が資産を承継し、積極的に運用して増やしながら残すので、資産が増大していくのも道理なのです。なお、日本の贈与税、相続税は累進型なので金額が大きくなればなるほどたくさんの税金を納める必要があります。

 

では、次に所得税や住民税について見てみましょう。

日本は、所得に対して国に納める所得税と住んでる地域に納める住民税の2本立てになっています。所得税に関しては、所得の金額によって納める金額が変わる累進型で、所得が大きければ大きいほどたくさんの税金を払う必要があります。それに対して、住民税は所得に関わらず一律10%です。(一部例外除く)

 

では、香港はどうでしょうか?

香港での所得税は基本的には17%です。しかし、一定金額までは、日本と同じく、所得に対して納める金額が変わる累進制度になっています。日本の住民税に該当する一人当たりの定率税に関しては、驚きの「なし」です!

 

所得税と住民税について表にまとめましたのでご覧下さい。

 

所得税

住民税

日本

5%~45%

10%

香港

2%~17%

0%

 

税率に大きな差がありますね。所得税は最高税率だけ見ても28%もの差があります。更に香港では、ここから所得控除もあり、結構な金額が所得から圧縮できます。

例えば、配偶者控除が日本は38万円なのに対して香港では約300万円、更に日本では廃止された子供扶養控除もあり、一人当たり約84万円も控除されます。更に、もし配偶者が語学学校などの学校に通っていた場合、この費用も控除され、家の家賃までも控除されます。

 

だからこそ、毎月の可処分所得は多くなり、その分、前稿で書いたように、老後の年金に回したり運用したりできるのです。

accounting-blur-business-1028726

「税金が低いからラッキー」とか「何も考えなくもいい!」とかではなく、税金が低いからこそ使えるお金をいかに賢く配分するかを考えるようになっているのですね。

 

ただ、税金の高い日本は高い反面、国民はたくさんの恩恵を受けています。

医療費の自己負担が医療費の3割となったり、基礎的な年金が用意されていたりというメリットは享受できます。日本は、「大きな」政府。香港は、「小さな」政府という言い方も出来ると思います。

 

このように税金があるからこそ、社会保障制度が整備できるという面があります。ただ、日本が人口減少に転じた今、今後の社会保障制度のあり方は、変わることが予想されます。自分がそうした環境・状況に置かれていることを理解して、手元にあるお金を上手に貯蓄・運用して、将来に「備え」ることが大事です。