香港でも進むキャッシュレス化やアプリが変える生活【前編】

皆さんはデジタルマネーと聞くと何を思い出しますか?

Suica?クレジットカードのポイント?Edy?

日本でも、コンビニや駅ナカ、ファーストフード店などで、だいぶ浸透してきているようですね。

 

では、香港でのデジタルマネー事情を見てみましょう?

 

香港で進むデジタル化

contact-email-fashion-4970

香港には八達通(Octopus)というカードがあり、日本のSuicaのような役割を果たしています。Octopusは、地下鉄やバス、フェリーに乗るときにSuicaと同じように運賃の支払いに使ったり、スーパーやコンビニでの買い物にも使えます。住居によっては登録すればマンションの鍵として使うことも出来て、入り口でかざして中に入るような仕組みにもなっているのです。

 

このようにOctopusは、香港での生活の一部に欠かせないデジタルマネーになっています。この他には、中国本土発のアリペイやウイチャットペイも最近はどんどん普及してきています。

 

他には、どのようなものがあるのでしょうか?デジタルマネーだけではなく、人を使わない=人件費のかからないものもいくつかあるのでご紹介いたします。いわゆるAI化です。

 

香港のハンバーガーファーストフードでの話です。

レジから少し離れた場所に巨大なタッチパネルが設置してありました。

この巨大なタッチパネルはデジタルメニュー表になっており、食べたいものを選択します。そして支払いは、そのままクレジットカードやOctopus、アリペイなど様々なデジタルマネーをタッチするだけで、済ますことが出来るようになっています。言葉の壁で時間を取られず、スムーズに自分のペースでミスなくオーダーできて、とても便利で魅力的に感じます。オーダーを受ける側も、タッチパネルでオーダーが入ったら作るだけなので非常に効率的です。

 

他の例では、UBARという配車アプリがあります。

UBARはアプリで行きたい場所と現在地を指定して車を呼ぶと、自分がいる場所まで迎えにきてくれ、目的地まで連れて行ってくれる仕組みです。アプリで行き先は指定しているし、料金も呼ぶときに提示されている上、事前に登録したクレジットカードで決済は済むので、言葉の壁があっても、問題なく行きたい場所に連れていってもらえます。とても便利です。

 

他にも、大手コーヒーチェーンでは、事前オーダーアプリが普及していたり、自転車のレンタルもアプリで手続きが出来たりと、とにかくFaceToFaceで人を介することなく、様々なサービスが受けられるようになってきています。

 

さらに驚くことに香港の直ぐお隣の中国の深センという街に行くと、デジタルマネーもアプリももっと進んでいます。無人コンビニに無人バス、ファーストフードも無人店舗でレジに人がいないなど、恐ろしいほどに無人化・AI化が進んでいます。

action-ai-android-595804

そこで不安になるのが、近い将来、人間の仕事をとられるのではないかということです。

レストランのオーダーから支払いまでタッチパネルでもなんら問題ないわけですし、どこかに行くにも運転手と会話する必要もなくなります。

 

 

しかし、AIでは感じることのできない人間同士のぬくもりやコミュニケーションがなくなることはないのではないでしょうか?

 

香港や深センの実情を目の当たりにすると、今後、世界は一気に変化していくことを予感させます。世の中が、どのようになっていくのか、しっかりとアンテナを高くして追いかけて行く、必要があると感じます。