アジアの特色【前半】

皆さんはアジアと聞くと、日本以外に、どの国を思い浮かべますか?

アヴァンティの読者の方は、福岡の方が多いと思いますが、アジアは意外に身近ですよね。先日、福岡に出張で出かけたときには、街中で、中国人や韓国人はもちろんのこと、アジアからの来日客、いわゆるインバウンド客をたくさん見かけました。タガログ語(フィリピン)やベトナム語、タイ語などで、いろいろな言葉を耳にしました。

 

では、アジアとは、実際にはどんな範囲なのか、どの国までをアジアと呼ぶのかご存知でしょうか?今回と次回はアジアが、どのような場所なのかを書いていきたいと思います。

外務省 アジア地域地図

参考:外務省HPより https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/asia.html

上の地図で、黄色く塗られたところがアジアに含まれる国・地域です。

国数では26カ国、人口は44億人を超えており、世界人口74億人の約6割を占めています。(2016年国際連合統計)

ちなみに、香港からはこの黄色い場所に、約5時間のフライトでほとんどたどりつくことが出来ます。東京は、極東といわれるだけあってかなり東にありますし、北京はずいぶん北に、シンガポールは南に位置しています。香港は、ちょうどアジアの真ん中近くにあるのです。

 

アジア地域は他の地域と比べて、圧倒的に人口が多いことが特徴です。では、人口の移り変わりから、どんなことが読み取れるのでしょうか?

労働人口

労働人口とは一般的に15歳~64歳の人の数を指します。日本では少子高齢化の進行により、労働人口が減少に転じています。日本の他にも、韓国、中国、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナムなどでは、労働人口が不足していると言われています。それに対して、ミャンマー、インドネシア、フィリピンでは労働人口が過剰と言われており、これらの国では、一度、他の国へ働きに出かけてスキルをつけて自国へ戻るのが理想の働き方とされています。

 

以前のコラムでもお伝えしたと思いますが、私達の住む香港では、夫婦共働きが当たり前の環境なので、子供のお世話や親の介護、日常の買い物や掃除等をインドネシアやフィリピンから働きに来たメイドさんにお願いしています。高齢化と核家族化が進み、人手が足りないところが補われていて、上手くバランスがとれているなと感じます。日本でも、介護職は大変なお仕事ですが、そういう人たちを上手く取り込んで働いてもらうことも一考に価するかもしれません。

 

余談ですが、このメイドさん達、実はスーパーメイドさんなのです。彼女らが話すことができる言語は自国の言葉だけではありません。自国の言葉に加えて、英語は当然のこと、雇い主によっては香港の公用語である広東語を話すメイドさんもいますし、例えば香港に住むフランス人に雇われているメイドさんはフランス語も話したりと、言語のバリエーションも様々です。もし日本で、日本語以外に英語やその他の言語を話すことができたらとても重宝され就職の機会も増えますね。レストランのウェイターさんでも、広東語、英語、中国語など多言語を話せる人は多いのです。

 

話を戻しますが、労働人口の比率に対して、今後はどのように人口の年齢が推移していくのでしょうか?

次のグラフは、2050年までの予想高齢者人口の推移です。

高齢者人口比率

※参考文献 内閣府「第2節 アジアの長期経済見通し」www5.cao.go.jp/j-j/sekai_chouryuu/sh10…/s1-10-2-2.pdf

このグラフは、高齢者(65歳以上)が全人口に比較してどれくらいの人口比率になるかを示しています。

 

65歳以上の方の比率が21%以上を超高齢社会と呼びますが、2050年時点で、日本、シンガポール、韓国、中国がそれに該当します。一番高齢化比率が高いのは日本で、2050年には40%近くまで増えて、飛びぬけて高い比率になるとの予測です。ほぼ2人に1人が65歳以上の高齢者という社会になるのです。

 

それに対して、フィリピンやマレーシア、そしてインドは、十分に労働人口が高齢者を支えることができる水準です。何より、ここで忘れてはいけないのが、毎日新しい命も誕生しているということです。すなわち、高齢者が増えたからといって人口が減っているわけではなく、これらの国々では、総人口は増え続けているという点です。

人口ボーナス

人口ボーナスという言葉を知っていますか?15~64歳の生産年齢人口が、それ以外の従属人口(0~14歳、65歳以上の人口)を2倍以上となり、生産年齢の人たちが働くことで、都市化の進展、工業化による所得増、消費活発化により高い経済成長率を実現する潜在能力がある状態を言います。この人口構成になっている国や地域は「若い国」とも呼ばれます。日本は1960年代から1990年代初めまでが、人口ボーナス期でした。現在は、アジアで言えば中国、インドネシア、韓国、タイ、ベトナムが人口ボーナス期にあるとされ、いずれも急速な工業化が進展しています。

 

このように人口の面から見ても、アジアには高い経済成長や生産性の向上のチャンスがあると言え、投資の機会もリターンもより期待できる地域なのです。

次回は、アジアの期待値の高さについて、お話ししたいと思います。

 

このコラムを書いた人は・・・

hasegawaCIO長谷川 建一
Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank (NWB/ニッポン・ウエルス・リミテッド), CIO
NWBは、香港金融管理局より、銀行ライセンス(a Restricted Licence Bank)を認可された金融機関です

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に移籍し、リテール部門マーケティング責任者、2009年からは国際部門でアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年にはNWBを創業し、COOに就き、20173月よりCIOを務める。