[明日、災害が起きたら] 備えておきたい非常用アイテム

備えておきたい非常用アイテム


1603_sp_10非常持出品

避難するときに持ち出す最小限の必需品。リュックにつめ、玄関など持ち出しやすい場所に置く。


1603_sp_11□ 非常食(乾パン・缶詰など)
□ 飲料水
□ 携帯ラジオ(予備電池)
□ 懐中電灯(予備電池・電球)
□ ホイッスル
□ ろうそく
□ 現金・貴重品(通帳・印鑑など。ファスナー付きビニール袋に入れると防水にもなる)
□ 健康保険証・住民票のコピー
□ 携帯電話の非常用電源
□ ビニール袋
□ 衣類(着替え・防寒具含む)
□ 軍手・防災ずきん(頭を守るもの)
□ ライター・マッチ
□ ナイフ・缶切り
□ ティッシュ・タオル
□ 救急医療品・常備薬
□ 簡易トイレ
□ 筆記具(油性)
□ 家族の写真

 

女性ならではの用意しておくと助かるもの
□ サニタリーショーツ
□ ナプキン
□ 携帯用のビデ
□ マスク(すっぴん隠しにも◎)
□ ブラジャー

あると便利なもの
□ ウェットティッシュ
□ 使い捨てカイロ
□ レジャーシート
□ 布粘着テープ


1603_sp_12被災後の生活のために自宅に用意しておくもの

災害復旧までの数日間を生活するためのもの。少なくとも3日間は自力で生活できるだけの量を準備しておこう。

□ 食料3日分(缶詰・レトルト食品・栄養補助食品・お菓子・調味料・スープなど)
□ 飲料水(大人1人あたり1日3リットル)
□ 燃料(カセットコンロ・カセットガス・固形燃料)
□ 缶切り
□ 食品用ラップ
□ 簡易トイレ
□ トイレットペーパー
□ 毛布・寝袋
□ 洗面用具


1603_sp_13職場に置いておきたいもの

会社で用意する以外のものを独自に備える。会社に泊まることや、歩いて自宅まで帰ることを想定したアイテムを考えて準備を。

□ 歩きやすい靴
□ ライト
□ 水筒
□ 救急セット
□ 簡易トイレ
□ 非常食
□ 軍手
□ 服(雨具・防寒具)

written by 編集部